FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

飲ませてください (7)
ご主人様が、仰け反る楓の頭を押さえ、強引に口づけてくださって、
その唾液を流し込み、乾いた喉を潤してくださることも、楓にはうれしくて仕方ありません。

差し込まれたご主人様の舌に楓の舌を絡め、残らず吸い取るようにして、
ごくりと飲み込むと、またおまんこがきゅうっとします。

自分の痰でさえ気持ち悪くて、すぐにうがいしてしまう楓なのに、
ご主人様の喉に絡んだ痰ならば、もっと、もっと、とおねだりするのです。


大好きなご主人様のキス・・・その延長に流し込んでいただいた唾液は、
初めての時から本当に何の迷いもなく、喜んで飲み込むことができました。

でも正直に言うと、初めてご主人様が痰を流し込んでくださった時、
その口づけにうっとりしていた楓は、ドキリとしてしまったのです。

何?・・・今、何を・・・?

ご主人様は仰いました。

---- お前は痰も飲め

楓は目を瞑ったまま、ごくりと飲み込みました。
そしてその瞬間、胸が熱くなり、おまんこがきゅうっとしたことに気づいたのです。

ご主人様はご存知だったのでしょうか。
楓がすぐに受け入れ、感じるような女だと、お気づきだったのでしょうか。


それ以来、ご主人様は楓を犯してくださりながら、必ずくださるのです。
喘ぎ疲れた楓の喉を、ご主人様の唾液と痰で潤してくださるのです。

楓の広げた両脚を折りたたみ、覆いかぶさるようにしておまんこの奥を突き上げてくださると、
楓は自分の膝を抱えたり、ご主人様の腰を抱きしめたりして、もっと奥を探ります。

ご主人様が息が止まるほど強く抱きしめてくださって、喉を潤してくださって、
そのお口が離れてしまいそうになると悲しくて、
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2008.04.13(Sun) | tryst | cm(3) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/91-fbfa31e2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
374. 飲尿 楓さま
なんだか心がキュンとなるような日記でした?
静かに淡々と、でも楓さんがご主人様のこと深く深く愛しているのが伝わってくる日記でした。
私も、挿入していただきながら唾を垂らしていただくと妙に興奮します!
痰は新鮮だなぁ?

| 2008.04.13 01:23 | edit
375. No title
主様のものなら総て美味しいね^^

そして美味しく思う楓ちゃんを愛おしいんだろうね、主様!

楓ちゃんがキュンとなるポイントがちゃんとわかっていて
導いて下さる。お任せしたら大丈夫、素敵な関係です~

miwmiw | 2008.04.13 10:43 | edit
376. No title
操さま

ありがとうございます。
そんな風に感じてくださるなんて、うれしいです。
ご主人様のいろいろなものをすべて飲み込んで、吸収できることがうれしいのです。
カラダの中からも、ご主人様に染まっていっている気がします^^


miwmiwさま

お前はほんとに美味しそうに飲むなぁ、と、いつも笑ってみておられます^^;
楓がびっくりするようなことを突然なさるけど、ちゃんとわかっておられるんですよね。
うん、楓はすべてご主人様にお任せするだけです^^

飲尿 楓 | 2008.04.13 11:26 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。