FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

飲ませてください (2)
今日のおしっこは、ちょっと薄味かも・・・
楓はそんなことを思いながら、ご主人様のペニスを咥えていました。

あとで「今日はずいぶん多かったですよね」とお聞きしたら、ご主人様はこう仰いました。

---- ああ、さっきペットボトル1本、飲んできたからな(笑)

最後まで残さず飲ませていただいて、きれいにさせていただいたあと、
ご主人様のシャツや下着を脱がさせていただくと、あらためて咥えるように指示されました。

便器として咥えるのとは、また違ったドキドキが、楓の頬を熱くします。
ため息のようなお返事をして咥えようとすると、その頬を平手で打たれました。
一瞬くらりとして、それでも楓のお口はまたペニスを求めます。
「うれしいか」と尋ねられて頷きながら、その理不尽な平手を求めている自分に気づきます。
うれしくて、ペニスを貪る楓の口元には、笑みがこぼれていたに違いありません。

ご主人様はお疲れだったのか、「あっち行くか」と仰ってベッドに移動なさいました。
慌てて追いかけようとする楓を制止し、服を脱ぐように命じられました。

楓はいまだに、ご主人様に見ていただく、ということが苦手です。
人前に出ることがそれほど苦手なわけでもないのに、ご主人様にだけは恥ずかしくて、
せっかく写真もたくさん撮ってくださるのに、ろくにポーズもとれないのです。
もっと楽しんでいただけるようにならなくちゃ・・・
もっと堂々と、いやらしい姿をお見せできるようにならなくちゃ、と思いながら、
楓はカメラの方を見つめるのがせいいっぱいでした。

すべてを脱ぐと、ようやくベッドに上がることを許されました。

---- 咥えろ

楓はすぐに大好きなペニスまで這っていき、先のほうから丁寧に舐めていきます。
ご主人様がカメラで撮っておられることもわかっていましたが、もう夢中でした。

なぜこんなに愛しくなってしまうのか、しゃぶるだけでこんなに感じてしまうのか・・・
とにかく舐めて、しゃぶって、吸い付いて、喉の奥まで咥えていきたいのです。

ご主人様の片手は、楓の乳首を捉えました。
バーベルの刺さった乳首をちぎれそうなほど強くつまみ、グリグリと押しつぶします。
その痛みに、思わず歯を立ててしまいそうになるので、もっと喉の奥まで押し込むのです。

---- 気持ちいいのか

楓がもっと喉の奥で感じたい、と思っていることを悟られたように、
ご主人様がそう仰って、楓の頭を押してくださいました。
前々回くらいから、すっかり喉を塞ぐ場所が判ったような気がします。
ご主人様に押していただくと、今まで無理と思っていた喉が開いて、
そこにペニスが入ってきてくださるようになったのかもしれません。

息が出来なくて苦しいのに、喉の奥からおまんこまで、突き抜かれるような快感が走ります。
目の前が真っ白になって、涙が溢れるのがわかります。

感じているのは、乳首なのか、舌なのか、喉なのか、それともおまんこなのか、
楓にはもうわからなくなっていました。

スポンサーサイト
[PR]

2008.04.04(Fri) | tryst | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/86-11411bc3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
355. No title
咽喉の奥まで咥えると確かに涎と涙と吐き気が来るけど
脳からオマンコまでギュ~ンと感じちゃうよね^^
miwmiwもだーい好きです!!

miwmiw | 2008.04.05 05:23 | edit
356. No title
miwmiwさま

そんなに好きなつもりじゃなかったんですけどね・・・^^;
あの苦しさ、つらさが、だんだん良くなってきてしまいました。
ご主人様には、そうなることがわかっていらしたのかしら、やっぱりw
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。