FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

多忙中につき
このところずっと、彼のお仕事は繁盛しているらしい。
もちろんそれは喜ばしいことだけれど、寝不足続きの上、このところは寒くてたいへんな環境らしくて心配している。
少しでも彼を楽にして上げられたら、と思うけれど、ただ思うしかないのが歯痒い。
楓ももう少し自由な時間がとれれば、何かお手伝いできるかもしれないのに。

と言いつつ、全然会えなかったというわけでもない。
日記は滞ってしまったけれど、彼はその隙間を縫って、短い時間を楓に与えてくれている。
無理はしてほしくないな、と思うけど・・・やっぱり会いたいんだもの。

しばらくお泊りが続いていたから、寄り道デートというのは久しぶりだった。
諸事情により場所は変わって、最近は何度か家の近くのスーパーで集合している。
併設のコーヒーショップで甘いものを半分こして、お皿からワンコのように食べさせられたりもした。
遅い時間とはいえ、ご近所だからね、それはもうドキドキだけれど。

スーパーは閉まる時間になるからと、隣の駐車場に移動して、イケナイこともした日もある。
その時間、さすがに人通りは少なくなるけどバス通りの交差点だし、がらんとした駐車場の奥にポツンと。
違和感満載だと思うけど、後部座席に移動して、彼のひざ枕で遊んでもらう。
彼は周囲に気を配りながらも、楓の服を捲り上げて乳房に爪を立てたり、齧ったりする。

もちろん楓の大好きなものも食べさせてもらう。
丁寧に舐めてから、咥えなおして、喉の奥に連れていく。
彼はたぶん通りすぎる人や車を眺めながら、「気持ちいいなぁ」と頭を撫でてくれる。
うれしくて、誰か来たらどうしよう、なんてことは、もうどうでもよくなっている。

この前は、彼がジーンズの中に手を入れてきたものだから、つい我儘を言ってしまった。
「きっと入ると思うよ」
だってずっと・・・その手を入れて欲しかったんだもの。
無理な体勢だとはわかってたけど、彼は根気よくがんばってくれた。
楓の芯にその手が届いて、熱いものが溢れ出すまで・・・ごめんね、またシートが濡れちゃった。

疲れてるところにムリさせちゃって、ほんとにごめんなさい。
がんばりすぎた彼の手は、翌日もお仕事中に固まっちゃったらしい・・・(・_・;)

だからお約束。
次に会える時は必ず、彼の気持ちいいこと最優先にします!
(やっぱり、「それだけ」とは言わないwww)

スポンサーサイト
[PR]

2015.02.09(Mon) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/553-d275e2cc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。