FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

おサカンね
相変わらず小ぢんまりながらもほぼ毎夜、お喋り会は開催されている。
とはいえ、出席率も稼働率も以前とは格段に違う。←みんなすぐ寝落ちしてしまうからw
そしてほとんど皆勤賞だったはずの家主が、たびたび欠席してしまっていることも、
集客率を落としている一因かもしれない。
いや、皆さんの睡眠時間確保のためには、きっといいことなのだけど(笑)

家主の楓の欠席が増えたのは、彼と夜遊びする機会が増えたからだ。
不良だなぁ、と思うけれど、諸事情により「昼顔」よりも夜の方が出やすいのだ。
睡眠時間を削っても、早朝こっそり帰るリスクはあっても、彼とのお泊りを選ぶ。

夜遊びでお喋り会を欠席した翌日、M女友達からは「おサカンね」と呆れられる。
なにせ、「何してたん?」と聞かれれば、「寝ずのせっくす」と答えるのだから。
そしてそれは決して大げさではなく、意識を失っていた時間を除けばほぼずっと
大好きな彼のものを咥えているか、入れてもらっているかのどちらかなのだ。

おかげで喉は、ずいぶん奥まで使ってもらえるコツがつかめてきて、
彼にも褒めてもらえるようになってきた。
ご褒美も、そのたびに気を失うまで掻きまわされ、広げられ、突き上げられて
疲れているはずの彼のタフさにも驚かされながら、存分に味わわせてもらえる。

気を失った楓の中に入れたまま、彼は楓を抱えて寝息をたてる。
ふと目を覚ますと、彼は楓の頭をまた潜らせて、「ほら」と誘導してくものだから、
また朦朧としたまましゃぶりにいく。
彼は楓を夢中にさせておいて、いつのまにか寝息をたてていたりするから、
眠ってもらった方がいいのかと思って舌を止めると、頭に手がかかる。
「もっとできるだろ」
寝不足でも、ギリギリまで楽しみたいのだ、楓も、たぶん彼も。

いつまでこんなせっくすができるんだろう。
いつまでこんなサカリがついたような状態でいられるんだろう。
そんなことすら、今はどうでもいい。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2014.10.12(Sun) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/544-b4bbf901
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。