FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

雨上がりの公園
彼のお誘いはいつも突然だ。
だけど楓もあらかじめ予定を決めておくのが難しい、という妙な生活をしているので、
その時々で調整できるのは逆に助かっている。

先日も出かける2時間ほど前に予定は決まった。
お仕事終わりにちょっとだけ構ってやろうと思ってくれたのかな、と思うとウレシイ(^.^)

雨が上がってから時間は経っていたけど、初めて来た夜の公園は人影もなく静かだった。
街道沿いだから行きかう車のライトは見えるけれど、歩道を歩く人はほとんどいないみたいだ。
駐車場に車を停めて、お散歩に出てみた。
バーベキュー広場みたいなところは外灯に照らされていて見晴らしもいい。
歩きながら彼は楓のシャツを捲り上げて、この貧弱な胸を露わにする。

こちらからは見えなくても、暗がりから見れば見えるに違いない。
ヤダ、ヤダ、、、恥ずかしいよ、、、なんて抵抗したって許してはもらえない。
少し奥へ行くと、外灯もついていない散歩道が続く。
歩きながらジーンズまで下ろされて、お尻が丸見えのまま引きずられるように歩く。
あまりに暗くて、怖くて、帰ろう~と彼を引っ張って引き返してもらったのはいいけれど、
明るい広場に戻って、ベンチに座った彼の足元でしゃぶらされることになる。

遠くから見たら、彼の膝に顔をうずめて泣いているようにでもみえるだろうか?
まさかこんなことしてるなんて、思わないよね・・・?
そんな風に思いこもうとするけれど、お尻は出したままなのだ。
彼が触らなくたって、さっきから濡れている。
そして喉の奥まで入れられたら、ご褒美をくれるのだ。

彼は楓を立たせると、くるりと後ろ向きにして膝の上に座らせた。
ぬるっとしたところに、迷うことなく彼が入ってくる。

このひとたち、どうかしてる。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2014.06.27(Fri) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/535-08111f62
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。