FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

小道具 その2
その二日後、今度はお泊りの時間を作ってくれた。
近くのコンビニでお気に入りのアイスを買って、ホテルに向かう。
交替でアイスをチュウチュウしながら、ちょっと痩せたみたいだなぁ、と思う。
忙しいのに時間を作ってくれる彼に感謝しながらも、「それより休んで」とは言わない。
マッサージしてあげて、彼がゆっくり眠ってくれるだけでいい、とも思うけど、
やっぱりそんなわけにはいかない(笑)

「お風呂、お風呂」と言ってお湯を入れに行く彼。
「すぐ入れるぞ」と脱ぎ始めれば、すぐに吸いついていく楓。
どうしてこんなに好きになっちゃったのかな、コレ。
たぶん会っている時間の1/3以上は咥えてる。
ずいぶん上達したと思うけど、まだうまくできなくて試行錯誤するのが楽しかったりして。

「なんで脱がないんだ」って言われるけど、脱がしてもらうのが好きなんだもの。
ちょっと乱暴に剥ぎとられて、しょうがないなーって感じで入れてもらう。
だらしないなぁと思うけど、いつだって濡れていて、するっと入らないことがない。
ひとしきりいかせてもらって、ぼんやりお風呂かなーと思っていたら、鞭が飛んできた。
お尻に、腿に、敏感になった肌には厳しいけど、次第に我慢が快感に変わる。

だけどその直前に、彼はケインに持ち替えてしまった。
鞭を浴びた後だから少し打たれただけで強烈な痛みが走って、つい逃げてしまう。
なんだか最近、ケインは怖くてしかたないのだ。
翌日のメールでも訴えてしまったけれど、お尻ならまだ耐えられるのだけど、
腿は痛すぎてダメになっちゃったみたいだ。
そんな我が儘はどうかとも思うけど、怖くて逃げちゃうし、涙が出てきちゃう。
「じゃあもうおしまいにするな」って言われたら、やっぱりそれもイヤなのだけど
ベッドの向こう側に逃げ込んで泣きじゃくる。

お風呂でも泣かされた。
入れてくれたり、抱っこしてくれたり、じゃれているうちに沈められる。
2回、3回と沈められて、もう苦しくて、ようやく引き上げてくれた後。
珍しくやさしいキスをしてくれて、うれしくて思わずうっとりしそうになったのに、
唇を塞がれたまま、鼻だけ摘まんでまた沈められたのだ。
息を吸い込む間がなかったから怖くなって、引き上げられたら涙があふれた。
反撃の方が大きいのはわかってるけど、彼を叩く。

すでに記憶があやふやだけど、もうひとつ買っていた氷タイプのアイスは
密かな期待通りに(笑)楓の中にも入れられた。
そのままそこを舐めつくしてもらえるなんてことまでは考えていなかったけど^^;
彼の舌はやさしく丁寧で、お返しに楓も、と思うのだけれど、すぐにそんな余裕はなくなってしまう。
彼のものを頬張っているのがせいいっぱいで、両足が震えだしたら吐き出して叫ぶしかなくなるのだから。

彼は楓に入れながら、いつの間にか隠し持っていた小道具を楓の乳房に突き刺した。
これは以前にも使われたことある、、、たぶん千枚通しだ。
前回のような、ちくちくと試すような感じじゃなく、今度はぐいぐいと、穴をあけるように。
楓の呻き声を確かめながら、次々と場所を変えて刺していく。
ついには脚を開かれて、両側の襞に・・・そしてとうとうまん中の小さなものにまで。

知っているよ、そこに突き刺される痛みがどんなものか。
だって楓はかつて自分でそれに穴をあけたのだもの。
だけど違った。
彼が丁寧に、だけど容赦なく突き刺してくれた痛みは、それだけじゃなかった。
そのあと入れてくれたのかどうかも覚えてはいない。
たぶんそのまま気を失って、彼が枕に寝かせてくれたのだとおもうけど、
あの時といちばん違うのは、そこに安心があることだった。

すごい濡れ方だったなぁ。
翌日、彼が言った時、また勝手にじわりと溢れ出したのは、ナイショ。

スポンサーサイト
[PR]

2014.05.30(Fri) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/530-e40c3649
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。