FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

上手に奥まで
最近、ちょっとだけ上手に喉の奥まで彼を受け入れられるようになった。
食べた後なんてとてもできないと思っていたけれど、あまり上がってこなくなった。
やっぱりやり方なんだね・・・彼の指導のおかげですw

彼が気持ちよくなってくれたらいい、と思っていたけれど、それだけじゃない。
「越えられなかった壁」を越える時、一瞬電気が走って、いきそうになる。
そこにもポイントがあるんだ、ってわかって、ますますがんばっている、、、
とは彼に言ってないけど(笑)
でも、そこを我慢して先に進もうとすると、急にダメになって吐き出してしまうのだ。
やっぱり楓のワガママが敗因なのかな^^;

壁を越えられると、彼はお布団の奥にもぐってる楓を引っ張り上げて、
「よくできたな」と頭を撫でて、大好きなご褒美をくれる。
彼のものはすごく大きくなっていて、勝手に濡れていた楓の中に押し込まれれば、
すぐに奥を目指してグイグイとめり込んでいく。

気持ちよくて仕方なくて、でも際限なく、もっと気持ちよくなりたくて、
もっとして、もっとして、と楓はおねだりをする。
喉に大きな手がかかると、苦しくて、でも一番奥がきゅうっとするのもわかる。
途中で目を開けることも覚えたから、大好きな彼の顔も見えて安心できる。
叫び過ぎてカラカラな喉に、ときどき唾液を落としてくれるのもうれしい。

たぶん楓は以前よりも感じるようになっている。
自分でも不思議なくらい、びしょびしょになっている。
こんな風にした張本人の彼も驚くくらい、たくさん溢れてくるらしい。

何度もいかせてもらったあと、後ろから抱っこしてもらって眠る。
背中いっぱいに彼の体温を感じながら、乳首やおなかを弄られながら眠る。

浅い眠りでまた目を覚ますと、急に心配になって彼のいることを確かめる。
彼は少しめんどくさそうに、また楓の頭を掴んで布団の中に押し込む。
「しゃぶってろ」
うれしくなって、また柔らかくなっている彼を探し出して舐める。
だんだん固くなってくるのがうれしくて、一生懸命しゃぶる。
喉の奥が欲しがるから、奥に、奥に、導いていく。
彼が頭を押してくれれば、またいきそうになる。
そうして、苦しくなって吐き出して、上に引きずり上げられて、
今度はまた下のお口に入れてもらって、また眠る・・・

それを何度くり返しただろう。
ようやく深い眠りに落ちれば、わずかな時間でアラームが鳴る。
ほとんど眠れないまま彼を起こすのは申し訳ないけれど、帰らなきゃ。

ごめんね、彼にもムリさせちゃってるな、と思うけど、
我儘を聞いてもらっちゃってるな、と思うけど、
楓はもうやめられないんだもの。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2014.01.22(Wed) | next | cm(1) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/524-505b0f3d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1265. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.01.25 00:48 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。