FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

治療には、鞭
実は数日前から、楓はどうやら悪名高き○十肩とやらに取り付かれたらしく、
左腕が痛くて上がらなくなって苦しんでいた。
そんな呟きを見た彼が、違う痛みの治療ならしてあげてもいいけど、と誘ってくれたのだ。
だけど会えばそんなことへの労わりなどない・・・というか、楓も忘れていたかもしれない。

運転中の彼の股間にもぐりこむのはけっこうキツイ体勢だったけど、もう夢中だった。
ただ大好きなものをファスナーの下から取り出して、ひたすらしゃぶって舐め上げて、
運転中の彼を気持ちよくしてあげたいの。

うーん・・・
こんな風に書いたら彼に叱られちゃうかもしれないけど、うれしかったから書いちゃう^^;
前回、彼に出してもらうことができなかったから、今日はもらえるといいな、と思ってたけど、
ふふ、少しは上手にできたのかなw
彼はホテルに着く前に、運転しながら楓のお口で出してくれたのだ。

うれしかったけど、ちょっと心配にもなった。
だって、もうスッキリしたからいいや、って戦意喪失しちゃってたら困るし(笑)
だけどそんなことは全くなくて、それどころか今までで一番酷い痕を残してくれることになった。

初めはお友達にもらったDVDを観ようとしたりして、ちょっとまったりしそうだったけど、
彼の足元に座っていればすぐに、楓の喉はまた大きくなったものに弄ばれることになる。
きっと始まっちゃってることを伝えたからだね、着衣のままだったと思うけど、
必死に咥えながら、いつのまにか後ろ手に縛られて、もう肩の痛みなど忘れてる。
そのうちにベッドの上に投げられて、縄で打たれるのだから痛いなんてものじゃなくなるのだ。

あぁ、もう良く覚えていないな・・・途中で縄からベルトに代わっていたかもしれない。
どれだけ打たれたんだろう、すごく痛くて、でもうれしくて。
どこかで耐えきれなくなって、やめてと懇願したかもしれないけれども、
ずっと前に、ほんとにいやだと思った時とは違っていた。
彼にこうしてもらいたかったんだ、ってわかった。

喉も、何度となく使われたけど、なかなか上手くできなかった。
きっともう少しのところなんだけれど、やっぱり楓が耐えきれなくなって吐き出してしまう。
そのたびに彼の固いものがガッカリするのがわかって悲しくなる。
何かコツがあるんだよね、きっと・・・もっと自由に喉が開けたらいいのに。
どなたか教えてください<(_ _)>

いつ脱いだのかも覚えてないけれど、ちゃんと胸にも酷い噛み痕は残されている。
うしろにも、前にも、ちゃんと入れてくれて、訳がわからなくなるまで感じさせてくれた。

深いところで彼を感じていると、その大きな手が喉にかかって息ができなくなる。
意識は深いところに行っていて、頭に戻ってこないままぼんやりとしてくる。
気持ちいいよ・・・そのままでいられたらいいのに。

スポンサーサイト
[PR]

2013.11.20(Wed) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/514-b053c082
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。