FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

キャンセルと、リベンジ
先日の寄り道コースのことを詳しく書こうかと思っていたのだけれど、ちょっと忙しくて書けずにいた。

その前に、と、気になっていたリンクの編集を急いだ。
だってこれらの方々もみんな、楓の大切な系譜のひとつなのだもの。
リンクしていただいていた皆さまにはあらためてお願いに伺って、と思っていたが、それもままならないので、
とりあえずページが存在しているブログ様は、更新が止まっていても、また繋げさせていただくことにした。

※ご挨拶にもお伺いしないままリンクを続けさせていただき申し訳ありません。
 もしよろしければ、引き続きよろしくお付き合いください。
 また、不都合がございましたら、お手数ですが秘密コメントからご連絡ください<(_ _)>

というわけで、その後のお話から。

それからまだ2週間も経たないある夜、彼がまた寄り道のお誘いをくれた。
うれしくて、またすぐに「うんうん♪」とお返事をしたものの、ちょっと家で気になることがあったのを思い出した。
いいや、と目を瞑ってしまうこともできたけど、やっぱり気にしながら会うのは嫌だったので、
もし翌朝が早出でないのなら少し時間を遅らせてもらえないか、とメールを送る。

ほんの30分くらいの提案だったのだから、いいよ、と言ってもらえるかもしれないとも思ったけれど、
彼のお返事は、「明日は早いから、また今度」
「正直に言ったのにーー」と、少しむくれて見せたけど、ほんとは優しいな、と思ったよ。
だって、気遣ってくれているのはわかるもの。
そしてきっと、そう遠くない日に、また会ってくれるだろうな、って信じてた。

そして待った甲斐あって、今度は寄り道コースじゃなく夜中のお出かけコースの機会をもらうことができた。
実はその日の午後から始まってしまったのだが、幸いまだそれほど出血も酷くなく、迷ったけれど会いたくて
「もしそれでもいいなら、うれしい」とお返事したら、彼はそのことに触れることなく時間の約束をしてくれた。
やっぱりいい子にしていると、いいことがあるよね(^.^)

復活初日には、とにかく緊張しすぎていたのだけれど、今回は少しリラックスして助手席に納まった。
前回、忘れてしまったオイルもちゃんと持ってきたしね。
車の中で、少しだけ縄の話をした。といっても友達のM女さんのことだ。
後部座席にはいつものバスケットが置いてあるから、きっと縄を持ってきているのだろう。
今日は縛ってくれたらいいな、と、楓も思っていた。
だけど珍しくTVがついていて、某アイドルのバラエティを面白がって観てしまったりしたから、
なかなかスイッチが切り替わらないのかなぁ、なんて思っていた。

そのままホテルに着いちゃうのかな、と思ったら、唐突に彼の手が伸びてきて、楓の頭を引き寄せた。
まだバラエティは続いていたけれど、メガネを外して彼のおなかとハンドルの間にもぐりこむ。
彼もして欲しかったのかな、と思うとうれしかった。
そしてもちろんすぐに、楓はしゃぶり始めた。

スポンサーサイト
[PR]

2013.11.14(Thu) | next | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/513-5a355e13
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1263.
突然のお呼びだしも、嬉しいよね(^o^)
残念な日の後だから余計にね(*^^*)
あい | 2013.11.16 02:43 | edit
1264. あいさま
お返事がすっかり遅くなっちゃってごめんなさい<(_ _)>
楓も予定が立たない人だから、いつも突然で都合がつけば、って感じなの(笑)
それにしても最近、うれしいことが続いててこわいくらいなんだぁ^^;
楓 | 2013.11.20 12:06 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。