FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

諦めなくてよかった
年のせいか記憶がすぐ飛んでしまって、記事が繋がらない。
あまりの緊張と久しぶりの感動も手伝って、半ばパニックだったからかもしれない。

とにかく・・・幸せな夜だったんだもの。

キスをしてもらいながら、気がつけば楓の両腕は、自分の背中で折りたたまれていた。
知らないうちに拘束されて、そのまま折れそうな痛みまで加えられるのだもの、
もうそれだけで楓は酔ってしまったのかもしれない。
ところどころ、断片的な記憶が思い出されるだけだ。

ブラはしていなかったから、タンクトップを脱がされればもう貧弱な胸は露わになっていて、
跪いて、彼のものを咥えていたときに、下半身にまだ何か身に着けていたかどうか、
なんていうことも覚えていない。
ただうれしくて、懐かしくて、コレが欲しかったんだ、って思うばかりで泣きそうだった。
途中から、どうしたら喉の奥まで来てもらえるんだったかも考えたりしたけれど、
なかなか思うように出来なくて、もどかしくて、ただ夢中でしゃぶっていたのだと思う。

そしてそれは、ちゃんともうひとつのお口にも入れてもらえた。
カラダ中に電気が走るような、溶けるみたいなその快感は、やっぱりここでなければ得られない。
入れてもらいながら、乳房を、乳首を噛み切られるような、あの懐かしい痛みも与えられた。
久しぶり過ぎて、酷い悲鳴をあげてしまったかもしれないけど、それこそが彼へのお礼だもの。
・・・いや、さすがにうるさすぎたのかな、口を塞がれたような気もするけれど。

記憶は飛んで、いつの間にか楓が彼の下敷きになり、今度は上から喉に押し込まれると、
忘れていた喉の広がりと、苦しいけれど奥に届く感覚を思い出すことができた。
彼の 「気持ちいいな」 という声が耳に届いて、また泣きそうになった。
そうして喉の一番深いところに、彼が出してくれた。

やっぱり楓はこういうセックスがしたかったんだ、ってわかった。
もう二度と得られないかもしれない、と思っていたこの幸せは、やっぱり彼しか与えてくれない。
何度も諦めかけたのだけれど、諦めなくてよかった。

スポンサーサイト
[PR]

2013.10.18(Fri) | next | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/508-c6da8fbf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1251. No title
楓ちゃん♪ 良かったね、本当に良かったね^^ 諦めずに待ってて良かったね~~
なんていうか、やはり、こういうエッチがいいんだよね! 解るわ。 SMに拘らなくてもいいのかな?って思っていたけど、やはりそれがいいんだよね!  楓ちゃんの幸せにカンパーイ♪
miwmiw | 2013.10.19 20:52 | edit
1252. No title
miwmiwさま

うふふ、ありがとうです♪
ほんとにもういいかなぁ、って思っていたのだけど、やっぱり捨てがたい(笑)
なんだか自分の本性を改めて知ったような気がしてます^_^;
今度はもっと大切にするぅ(#^.^#)
楓 | 2013.10.20 19:06 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。