FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

上手にできないのは
楓の頭が悪いのか、自分勝手なせいか、喉の奥まで受け入れる方法をすぐに忘れてしまう。
この日もなかなか上手にできなくて、叱られる。

もっと痛くしなきゃできないんだな?

彼は楓をひっくり返して、お尻を平手で打ち始めた。

こんなに楓が痛いのだもの、彼の手だって相当痛いに決まっている。
だけど何でもないように、繰り返し、繰り返し、彼の手のひらは飛んでくる。
仰け反ると(ケガの影響で)痛いのだけど、彼の手はそれよりもっと痛いのだもの、
ついカラダは逃げそうになって仰け反ってしまう。

だけど楓にはその痛みこそが必要なことを知っている彼は、その手を緩めたりはしない。
それどころか、終わったのかと息をついたあと、彼が手にしていたのは革のベルトだった。
平手だけでもう十分に痛みを味わった楓のお尻に、今度は太いベルトが飛んできた。
今日も彼は手加減なんてする気はないんだ・・・そう思ったら怖くなった。
その途端、ケガの痛みは忘れた・・・いや、そんなのは痛みじゃないことに気づいた。

楓は悲鳴を上げていただろうか、よく覚えていないのだけど、ベルトの音が頭の芯に響く。
そしてやっぱり奥の方が震えていくのがわかる。

声を出したからかもしれないね、そのあともう一度ひっくり返されて捻じ込まれた喉は、
とてもスムーズにその大きなものを受け入れていくことができた。

そうだ、上手になったな

彼の優しい声がうれしくて、一生懸命舌を動かす。
さっきとはまるで違う、幸せな苦しさに包まれながら足の先まで痺れていく。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

2012.08.20(Mon) | next | cm(1) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/477-d28cc6d6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1222. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.08.21 13:04 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。