FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

遅咲きの桜に(2)
車から降りた時、彼に持たされたバスケットには、縄が無造作に入れられていた。
この公園には巨木とも言えるような大きな桜がたくさんある。
桜の写真を撮りながら、本当は太い枝を探していることも、もちろん知っていた。

手の届く高さの、横に伸びた太い枝に目を止めて、彼が揺すって確かめている。
人影は見えないけれど、芝生ではしゃいでいた若者たちの声が遠くに聞こえている場所だ。
大きな桜の木を見上げて、祈るような気持ちになる。

彼はバスケットから縄を取り出すと、楓の腕を後ろに回して重ね、丁寧に縛り始めた。
両腕をしっかり固定すると、その縄は胸に回されカラダを支える役目をするらしい。
次の縄を背中の結び目に通して、桜の太い枝に投げ掛ける。
彼が楓のカラダを少し抱えあげて、枝に掛けた縄を引いたので、楓はつま先立ちになった。
思わず自らの重みに唸ってしまうけれど、ここで悲鳴を上げるわけにもいかず堪える。

そのまましばらくブラブラとさせられていたのだろうか。
途中でジャケットの上から撫でられて、乳首を探り当てられたような気がする。
締められた縄で息苦しかったのに、思わず深いため息が漏れて芯が熱くなる。

先日気に入ってもらえたベルトで打たれるのかと思ったら、そうじゃなかった。
彼は楓のおなか周りに手を回して、なにやら確かめるような仕草をした。
彼の首すじが目の前に来たから、思わず舌を伸ばして舐めてしまう。
だってそこしか彼に触れていられるところがなかったのだもの。
そのままにしていてくれたので、引きはがされるまでそこに吸いついていた。

楓から一旦離れると、彼はまた縄を手にしてやってきて、確認した胴まわりに縄を巻いた。
そうしてそこから脚の間に縄を通し、股縄のような形に縛ったと思ったら、
腰のあたりからもう1本通されたのだろうか、抱えあげられて縄を引き上げられる。
ひぃぃぃ!
ジーンズの上からとはいえ、縄は完全にクリに当たっていたものだから思わず悲鳴をあげる。
今度はすっかり宙に浮いていて、そのすべての重みがクリにかかっているように思えた。
目の前がチカチカしてくる。

彼が何か聞いてくれたのだったかな、クリがつぶれちゃう、などと訴えたような気がする。
でも彼は下ろしてくれるのではなく、今度は腿に縄を掛けて吊るしてくれた。
代わりに背中がきつくなったけど、ともかくクリは救われた。

それほど長い時間ではなかったのかもしれないけれど、痛くて苦しい時が流れて、
桜の木は少しも動じることなく楓のカラダを支えていてくれた。
彼がまた楓を抱えて、縄を解いてくれた時には、ちょっとだけがっかりした。
もう少しだけ、桜に抱かれていたいと思ってしまったから。
だけど足が地についても、ふらふらして彼なしには立っていられなかったから
もう限界だと判断してくれた彼は正しかったのかもしれない。

ああやって縛れば意外と楽に吊れることもわかったしなw

帰りのお喋りの中で、彼はそう言ってちょっと満足そうに笑った。
ふふ、また吊ってくれるつもりなのかな。
少しでも負担を軽くするように、楓もダイエットしなくちゃね^^;

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2012.04.25(Wed) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/462-2e91806d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。