FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

願っていたこと
ベッドに天蓋のような部分があるお部屋で、ちょっとだけ梁のようなものがあった。
彼は部屋に入るなりその強度を確かめていたから、きっと吊ってくれるのだと思った。
ダイエットをサボっていたから厳しいなぁと思いながらも、カラダが熱くなるのがわかった。

マッサージチェアに固定されてベルトで打たれた後、縄を解いてベッドに運んでくれた。
泣いていたのかな、よく覚えていないけれど、彼が熱くなった皮膚を撫でてくれるのが好きだ。
そうして今度は後ろ手に縛られたかもしれない。

左脚を折り曲げて縛られると、その縄を梁に掛けて引き上げられた・・・途端に激痛が走る。
「いたたたっ!!」思わず悲鳴を上げると、彼も縄を緩めてくれた。
実は吊り上げられたことがキツかったのではなくて、皮膚が挟まって痛かったのだけどね^^;

彼は一度ほどいて、脚を伸ばした状態で縄をかけ直し、再び梁に引き上げた。
うつ伏せの状態、反らされた背中はきつかったけれど、カラダの芯はジンジンしてくる。
そのままもう片方の脚にも縄が掛けられると、それは別方向に開かれて吊りあげられた。
もう何度も見られているのに、こういうのはやっぱり恥ずかしくてどきどきする。
そうしてまた打たれたのかな、どうして覚えていないんだろう。

思い出すのは、彼の手が開かれた脚の間を撫でた瞬間だ。
もうダメ・・・入れて欲しいと思った、けど口には出さなかった。
この前の反省があったからかもしれない。
手を入れられるのかな・・・何でもいい、彼のしたいようにしてもらいたい、とも思った。

と、ここまで書いて、やはり記憶が混乱していることに気づいた。
そのまま手を入れて掻き混ぜられたのは、前の穴だったのか、後ろだったのか。
そして吊られたまま彼は犯してくれたのだけれど、それすらどちらの穴だったのか覚えてない。
縄を下ろされてからも、ゆっくり前から入れてくれたし、ちゃんとお口にももらえたし、
この前さんざん毒づいて訴えた願いは、願った以上に叶えてもらえて幸せだった。
なのにどうしていつもに増して記憶が曖昧なんだろう。

彼がときどき疲れた様子を見せたことは気になっていた。
本当に忙しい中、無理をして時間を作って来てくれたんだろうな、と思いながら、
だけど身勝手な楓は、その様子にすらゆっくり感じていたんだ。
そのまま動かないで、じっとしていてくれたらいいと思った。
ただ、なんだかとても愛おしかった。

両脚吊り



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

2012.04.11(Wed) | next | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/460-c112240d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1207. No title
背中辛そう(O_O)
今、S目線なのかM目線なのか分からない私です^^いっぱい感じてね~♪
磨夜 | 2012.04.18 01:28 | edit
1208. No title
磨夜さま

あらら、お返事がたいへん遅くなりまして失礼いたしました~<(_ _)>
あちらにもこちらにもご無沙汰いたしておりまして(笑)
そうなんですよ、背中も脚もきつかったです。
だけど、うっとりもしてしまいました・・・(照)
楓 | 2012.04.23 01:09 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。