FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

たくさんのお仕置き
彼は犬みたいだなと言ったけど、楓は亀みたいだと思った。
両手足を折りたたんでグルグル巻きにされ、短い四肢を拡げてもがいてたから。
縄なのか鞭なのかもわからずお尻や背中をひたすら打たれ、悲鳴を上げ続ける。

いっぱいお仕置きしてもらうんだろ?

そう、楓が悪い子だったのだもの、いっぱい痛くして欲しかったの。

ひとしきり打たれてひっくり返されると、胸にもおなかにも容赦なく鞭が降ってきた。
胸を打たれるのはどうしても怖くて、短い腕でなんとか避けようとするけれど、
「邪魔だ。手、どけろ。」と静かに命じられて、諦めて腕を拡げる。
「やめるか」と問われれば、やめて欲しくなどないのだもの。

彼は何度か楓の脚の間に手を差し入れて、確認をした。
そしてその濡れた場所にも鞭を当てることにしたようだった。
やっぱり怖くて、閉じられない両脚を閉じようとするけど、「開け」と冷たい声がする。
本当に怖くて、そこだけは無理だと思うのに、命じられるままに開いてしまう。
そうして気が遠くなるような痛みを受けて、さらに大きな悲鳴を上げるのだ。

途中でマフラーのようなもので口を塞がれたような気もする。
きっと酷い声を上げていたんだろうな。
例によってこのあたりから記憶がないのだけど、彼の送ってくれた写真が思い出させてくれた。

両手はぐるぐる巻きのまま、ベッドから頭がずり落ちそうになってる姿。
これはきっと、喉の奥まで彼のものを押し込まれた後だ。
両脚もみっともなく拡げたまま、首元のボタンは外れて、胸元は真っ赤になっている。

ベッドの真ん中で縛られた両手両脚、そして口も、だらしなく開いたままの写真は、
自由を奪われたまま犯してもらって、何度も何度もいってしまった後かな。
あんなに痛い思いをしたあとなのに、いや、そのあとだからこそ、だよね、
彼が入れてくれるだけで、どうしようもないくらい感じた。

恥ずかしい顔・・・というか、こんな顔してるのかな、楓って。
恥ずかしくて見たくないのだけど、何度も見てしまって、そのたびにくちゅってする。

解かれた縄の痕が見える写真もあった。
ずいぶん長い時間そうされていたのかな、腕が固まって伸ばせなかったように思う。
痛いのだけど、彼が温かい手で撫でながら、少しずつ伸ばしてくれるんだ。

たくさんお仕置きをくれるのだけど、その手はいつも温かい。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011.12.21(Wed) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/441-310ddde0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。