FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

たっぷりと
爪先立ちの右足は、足元の水たまりに浸かっていた。
そのまままた鞭打たれたような気もするし、乳首を弄られたりしたような気もする。

そのときすでに、ほとんど背中の縄だけに支えられているようなものだと思っていたけれど、
そうでもなかったのだとわかったのは、残った右足も折り曲げられて縛られ、
完全に縄だけで吊られたときだった。
また鞭で打たれたり、指を入れられたり、写真を撮られたりしたように思うけれど、
片足ついていたときとは、やはり苦しさが数段違う。
どこが痛いのか、どこが苦しいのかもわからず、ただ自分の重みを呪うしかなかった。

縄を解かれてベッドに横たえられたあとも、正直よく覚えていない。
時間はたっぷりとあったはずだけど、息をつく間もなくイロイロしてもらったような気がする。

先月のオフ会でいただいたオモチャを前の穴に、後ろの穴にも何か別のものを入れられた。
それが何だったのかは不明(笑)
痛いのだけど、だんだん中で擦れるのが気持ちよくなっていく。
前の穴のオモチャは動かされるたびにコロコロ音がして、その微妙な振動がいい。

何か喚いていたら、その口には彼の大きな手を突っ込まれた。
車の中でもよくそうされるのだけど、もう開かないというところまで口をこじあけられて、
苦しくもあるのだけど、それより歯が当たって唇の内側が痛い。
酷い顔になっているに違いないし、実はどんなに痛いことより辛いのはこれかもしれない。
「(穴)3つとも入っちゃったな」と彼に苛められて、もっとおかしくなる。

もちろんその大きな手は、脚の間にも入れられた。
散々弄られた後なのに痛くて、海老反っていた前回の方が入りやすかったように思う。
思わず「痛い!」と叫んでしまって、もう少しで拒否してしまいそうなほどだった。
でも彼に「やめるか」と言われると、首を横に振ってしまう。
その先にあの気持ちいいところがあることを知ってしまったから。
こんなことをしていたら本当にガバガバになっちゃう、と心配になるのだけど、
そこを超えてしまえば、また「気持ちいい!」と叫び始めてしまう。

帰り道、彼は「ここまで入ってたな」と手首の上を指して笑ったけれど、嘘じゃないと思う。
そんなガバガバになったはずなのに、そのあと彼のものを入れてもらえば、
やっぱりもっとおかしくなるほど気持ちいいのだ。 (彼はどうだか知らないけれども)
女のカラダって、不思議だ。

お風呂から上がって、広い背中をマッサージ。
寒くなってきて乾燥してきている彼の素肌、オイルをつけてゆっくり、丹念に。
気持ちいいな、と言ってくれるから、がんばって腰も、足もたっぷりさせてもらう。
ゆっくりできるのがうれしくて、上を向いてもらってリンパマッサージの真似ごとも。
以前テレビで見てから、気持ちいいと思って自分なりに続けていたのだけど、
彼にも気持ちいいと言ってもらえて良かったな。

上を向いたついでに、突き出したものもお口でマッサージしてしまったら、
やっぱり欲しくなって、そのまま入れてもらうことにした。
上に乗って動くのはやっぱり上手にできないのだけど、彼は好きなようにさせてくれた。
めんどくさそうに下から眺めてる彼の視線で、いく。

翌朝はゆっくりできないのだけれど、眠る時間はまだたっぷりある。
彼に抱きつこうとすると、くるりと後ろを向かされて、後ろから抱っこ。
そうそう、こうして眠りたかったの。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2011.10.24(Mon) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/430-bafc95ac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。