FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

芝生に寝転んで
そのあとも記憶が少し飛んでる。
しばらくそこで抱きしめていてくれたのだったか、急いで服を着て歩きだしたのだったか。

次に思い出せるのは、また広い芝生の帰り道をわんこのお散歩で過ごしたことだ。
もうフラフラだったはずなのに楽しくて、どこまででも四つん這いで行かれそうだった。

途中で二人、芝生に寝転がり、シャツを捲りあげて彼のカラダの汗を舐めた。
全部舐めろよ、と言われて舌を伸ばす。
ほんとに犬みたいだな、と自分でも思いながら一生懸命舐める。
ご褒美ではないのだろうが、四つんばいになって弄られて、またいかせてもらう。
お月様は傘を被っていたけれど、ほの明るい広場の真ん中だ。

寝転んだ彼のおなかに顔をうずめていると、彼は背中をぽんぽんと叩いていてくれた。
とても、長い間だと思う。
子どもを寝かしつけるように、ずっと、ずっと。

楓はとてもそれが好きで、たぶんほんとにウトウト眠っていたと思う。
時おり吹き抜ける風が汗をかいたカラダには涼しくて、気持ちよかった。
びくんとして目が覚めても、彼はまだぽんぽんと背中を叩いていてくれて、
その手の優しさに気づいたら、突然、涙がこみ上げてきた。
泣いたりするつもりじゃなかったから、我慢しようと思ったのだけど、
溢れてしまった涙は止まらなくなって、彼にも気づかれてしまった。

顔を見たら、ますます止まらなくなって、彼に抱きついて泣いた。
なんだろう・・・理由はよくわからない。
我慢していたものが吹き出して、ただ泣きたかったのかもしれない。
ただ幸せだと思ったからかもしれない。

泣いてしまったけれど叱らずに、久しぶりにたくさんキスをしてくれた。
舌を絡めて、吸い合って、唾液をもらった。
とても安心して、ますます涙が溢れてしまうようなキスだった。

とても、満たされた。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2011.08.24(Wed) | next | cm(5) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/407-33e88d03
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1169. No title
素敵なお散歩になったんですね(^。^)
ゲイM T | 2011.08.24 12:51 | edit
1170. こんばんわ。
幸せすぎて泣けるときってありますね。
悲しい涙と違って、心からほっとする涙は好きです?
蕾 | 2011.08.24 22:25 | edit
1171. No title
ゲイM Tさま

うふふ、ありがとうございます^^
やっぱりお外は気持ちいいですねw
なかなか遠くには行かれませんが、今の楓には過分な幸せかもしれません。


蕾さま

どうもありがとうございます^^
何でも受け止めてもらえるような気がして
ほっとしたのかもしれません。
甘えてばかりではいけないこともわかっているつもりですが
やっぱりその大きな手に包まれたいと思ってしまうのです。
楓 | 2011.08.25 11:08 | edit
1172. こんにちは^^
久しぶりにお邪魔しました。
とっても素敵に時を重ねておられて、眩しいです~!!
もうすぐ十五夜ですね。
月を見る楽しみは大人になってから覚えました。
幻想的な夜のお散歩、私もいつかしてみたいな。ごちそうさまでした^^
ねずみこ | 2011.09.04 11:28 | edit
1173. No title
ねずみこさま

あらら、気づきませんで、失礼しました^^;
時というより年ばかり重ねてしまっていますが(笑)
今までとは違った時を過ごすことができているのは、貴女のおかげでもありますしw
うふふ、お粗末さまです(*^_^*)
楓 | 2011.09.05 11:37 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。