FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

お散歩わんこ
恥ずかしくて、楓は努めて普通にしているつもりだったけれど、とても混乱していたらしい。
覚えているうちに書き留めておきたかったのだけど、書いているそばから違うような気がして。
盛り沢山だったしね、順不同で断片的なものになってしまっている。

だいぶ望みが叶っただろう?

帰りに彼は、そんな風なことを言ってニヤリとした。
あれもこれも、楓が望んでいたことをしてくれた、ということなのかな。

テーブルを離れて、駐車場に向かう途中も何人かの人とすれ違った。
少し離れたところだったけれど、首に巻かれた縄はブラウスを着ていても見えていただろうし、
いい歳の女が彼にしがみついて歩く姿は、とても普通ではなかっただろう。

歩きながら、彼は楓のジーンズに手を伸ばしてジッパーを下げた。
えっ?と思いながらもその腕にしがみついたまま歩く。
器用に下着の中に指を滑り込ませて弄られる。

あ、ダメ、そんなことしたら
ダメなんだ
あ、だって、いっちゃう
ふうん、こんなところでいっちゃうのか

あれは広場を横切っている時じゃなかったのかな。
恥ずかしくて、彼の指と声で、いってしまった。


人影のない小道に出ると、彼が首輪の縄を引き下げたので楓は前のめりになった。
何と言われたか覚えていないのだけど、たぶん指示されて躊躇いながらも四つん這いになる。
彼に綱を引かれて、ほんの数歩だけれど、お散歩わんこになった。

戸外でそんな格好をするなんて思わなかった。
首輪に憧れたこともあったけれど、犬用の首輪ですらない、無造作に括られた縄で引かれる。
そんなことに、ひどくドキドキしていた。

そんなことを、「したいことリスト」にあげたことがあったかしら。
どうして彼は、そうしたんだろう。
思いがけないことだったのに、どうして楓はしてしまったんだろう。

車に戻って、縄を解いてもらって服を着た。
今度はもうちょっとちゃんと吊ろうな・・・て、これはまだ練習?

彼はどこまで連れていってくれるんだろう。

スポンサーサイト
[PR]

2011.08.13(Sat) | next | cm(3) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/404-3db34a87
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1161. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.08.13 13:16 | edit
1162. No title
秘密さま

うふふなコメント、ありがとうございます^^
そうですね、縄の首輪だったことがかえってうれしかったかもw
こちらにいらっしゃる時は、ぜひお声をかけてくださいね♪
楓 | 2011.08.14 10:29 | edit
1163. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.08.15 17:38 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。