FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

濡れた縄
残った縄で打たれたのは、床でだったろうか、それともベッドにあげられてからかも。
どうしたんだろう、そんなことすらも記憶が曖昧だ。

今も椅子に座るたび痛みが残るほど、お尻から腰を激しく打たれている。
今回の痣は見事だ。
そしてそのあとに触れる手が、大きくて優しいことは覚えてる。

お部屋に吊れる場所はなかったけれど、彼は縄を吊りあげて床から楓を持ち上げた。
何本かの縄に分散されているとはいえ、楓の体重が食い込み悲鳴を上げる。
吊られたままベッドに運ばれ、ポイと投げられる。

きっと腿や胸にかかった重みの方が大きかったのだろうけれど、
すべての感覚は青い縄だけに集中していた。
それを動かされるたび、力がかかるたび、どうしようもない感覚が全身に走る。

彼がその縄を少しずらして、後ろの穴を弄り始めた。
石鹸かクリームをつけてくれたのかな、ヌルヌルして気持ちがよかった。
剥き出しのクリには縄が当たったままで、その刺激と一緒になって全身を駆け巡る。

彼はそこに手を入れようとしていたのかもしれない。
次第に力が入り、裂けてしまいそうで怖くなる。
それよりも、なんだかおなかが痛くなりそうな気がした。
もう気持ちがいいのか気持ちが悪いのか、わからなくなってきた。
後ろからも前からも何かが出てしまいそうで、我慢が出来なくなってくる。
でも、やめてほしくないのだ。
気持ちがいいのだもの。

たぶん温かいものが噴き出したのは、前の穴からだったと思う。
縄が濡れていくのがわかった。
やめて、と言ったのかもしれない。
もっと、と言ったかもしれない。
だけど、何がダメなのかわからないけど、もうダメだと思って懇願してしまった。

彼が手を抜いてくれた途端、楓はまた涙が溢れてしまった。
謝ったような気もするけれど、申し訳ないということじゃなかったように思う。
ただ泣きたかっただけだった。

少しして、彼は脚の縄を解いて、顔を見ながら入れてくれた。

どこに入ってるんだ?

う、うしろ・・・
少し答えが遅れて、頬を打たれる。

アナル!
慌てて叫ぶ。

散々弄られたあとなのに、そこはひどく敏感で、気持ちよかった。
もっとして、と叫んだかもしれない。
入れられたまま、首に手をかけられる。
もうとっくに楓は向こう側に行っているのに、なんて思ったりした。

入れられたまま、カラダを横たえられて、またいく。
入れられたまま、腹ばいにさせられて、またいく。
そして、彼も。

今も欲しくて仕方がない。
もう楓のそこは、おかしくなってる。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2011.07.24(Sun) | next | cm(1) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/397-cb744dbb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1157. エロ動画サテライト
管理人様

突然の連絡申し訳ありません!
「エロ動画サテライト」の宅と申します。
失礼を承知で、貴サイトとの相互リンクをさせていただきたく
ご連絡をさせていただきました!

当サイトは、「Twitterを活用した口コミエロサイト」を
イメージして作成しています。随時拡張していく予定です!

貴サイト様と今後とも良い関係を築きたく思っております。
大変恐縮ですが、ご検討をお願いしても宜しいでしょうか?

どうか宜しくお願い致します!


PS.できましたらRSSにも乗せていただければ嬉しいです!

| 2011.07.26 21:18 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。