FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

もっと先へ
翌日のカラダを撮って送ると、返ってきたのは「なかなか無残な体で素敵」という感想。

左右の乳房からその下に渡ってつけられた歯形は、1週間近く経ってもまだ残ってる。
何の道具も使わず、その手と口だけで十分とばかりに与え続けてくれた痛みは、
楓の中にいつもの倍は居座っていた。

もうひとつ、狭い車内で両脚を持ち上げられてされたのは、フィスト。
その大きな手を、何度か途中までは入れられたことがあったのだけれど、
いつもどうしても耐えられなくて、最後まで入らなかった。(よく覚えていないけれど)

たくさん泣いた後だったし、もうカラダが諦めたようになっていたせいだろうか、
グイグイ押し込まれていくことに、初めは何をされているのかわからなかったくらいだ。
最後の最後まで来て、されていることに気づいたら痛くなったのかもしれない。
力を抜かなきゃいけない、と思ったけれども、腰が逃げてしまう。
それでも、楓の悲鳴にめげることなく押し込んでくる。

もうムリ、ほんとにムリ、と泣き叫んで、またきっと最後までできなかったと思った。
終わったらとたんに悲しくなって、違う涙がこみ上げた。
ごめんね、ごめんなさい、と謝りながら泣き続ける楓のおなかを、暖かい手でさすってくれる。
うれしさと申し訳なさが混ざって、楓は涙が止まらなくなっていた。

すると、彼は突然、背中を向けて怒ったのだ。
見たことのない背中だった。

なんだかとてもショックで、また涙が溢れた。
彼は少し黙って、それから静かに楓の間違いを諭してくれた。
いつまでも同じところにとどまろうとする楓に、苛立っていたのだと思う。
楓が変わらなければ、先には進めない。

拳はちゃんと入っていたらしい。
よくがんばったね、とさすってくれていたらしい。

「腫れてもガバガバでも痛くても構わない」と言ってのける彼になら、任せられる。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

2011.04.28(Thu) | next | cm(1) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/380-fbe082b8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
1137. 相互リンクのお願いです!
初めまして、管理人様。
私はErO!無料アダルトビデオストアのエロずんと申します。

この度は貴サイトとの相互リンク及び相互RSSをお願いしたく
ご連絡させていただきました。

誠に勝手ながら当サイトではすでに、貴サイトをリンクRSS共にご紹介させていただいています。
もし宜しければ、是非相互リンクと相互RSSの設置をお願いしたいと思っております。
できる限りユニークなアクセスをお送りできますよう改良工夫をしてまいりますので、
勝手なお願いではありますが、何とぞ宜しくお願い致します。

エロずん | 2011.04.28 17:53 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。