FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

痛いからじゃない
「あれからずっと、ただ欲しいだけ・・・」

そんなことを書いたら、こんなお返事がもらえた(笑)

「前と後ろだけでじっくりの日を作らねば。」


だから今度は、ゆっくり抱いてもらうだけのつもりになっていた(勝手にね)

でも前日の話の流れで、なぜだかお仕置きをいただくことになっていて、
気づけばやはり縛られて、苦しいこと、痛いこと三昧・・・

いえ、いつだって楓の思っていた通りになどなるわけはないのだけれど。

前回できなかった分、なのか、喉をたくさん使われる。
なんだか上手にすることができないのは、このところの練習不足のせい。
なぜか自由を奪われたほうが上手にできるらしく、
咥えたまま上半身は脱がされて、いつのまにか縛られていく。

ベッドの前に跪かされて、自由に動かされると喉の奥からこみ上げる。
せっかく美味しいお蕎麦をいただいてきたばかりなのに、とこらえるが、
許してなどもらえないことを知ると、この期に及んで服を汚したくなくて脱がせてもらう。
・・・と、そこまでは少し冷静だったのにね。
ベッドに上げられてからのことはよくわからない・・・ただ痛みと苦しさの繰り返し。

少しずつ思い出して、丁寧に舐めながら、少しずつ奥へ。
しっかり口があいていないと歯が当たるんだ、って少しわかった。
もう少し、というところまでいくと、手を貸してくれるけど、一気に苦しくなる。
こらえ切れず溢れ出したものを、彼は何でもないようにタオルで拭き取ってくれる。
その手がやさしくて、今度は涙が溢れる。

いつもと少し違う縛り方で、張り出した乳房を執拗に苛められる。
後ろ手に縛られ、もしかしたら馬乗りにされたりもしたかもしれない。
何も持っていなかったと思うから、きっと引っ張られて平手打ちされていたのだろうけれど、
身動きできないまま、ただひどく痛くて、悲鳴を上げ続けてた。

いつまで続くのかわからなくて、怖くなったころ、カラダの芯が急に震え始める。
「いっちゃう・・・いっちゃうの・・・」
「そうか、痛いのに、いっちゃうのか」

ううん、違う・・・きっと痛いからいくんじゃない。
本当に怖いと感じたときに、震え始めるみたいな気がした。

たぶんそのとき、本当に抵抗できないことを知るんだ。
そしてそのとき初めて、すべてを委ねることができるのかもしれない。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2011.02.12(Sat) | next | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/370-95d2c73a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。