FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

つぶやき
実は以前から、ご主人様のご様子を垣間見ることができた場所、というのが、
ひとつは今流行のツブヤキだったりします。
それは「ご主人様」としてではなく、その日常をつぶやいておられる場なのですが、
そんな場所を教えていただけていることに、楓は何より感謝しています。

もちろんそれを楓がフォローすることはなく、ただこっそりと覗かせていただくだけですが、
そんな楓の視線を気に留めてくださることもなく、ただ普通につぶやくご主人様の姿が
楓の心を穏やかにさせてくださるのです。
ところが、何らかのご事情で、そのつぶやきが更新されていないことが続いたりすると、
たちまち楓は不安でいっぱいになってしまいます。
初めは、きっとお忙しいのだと、気にしないように努めるのですが、
それがあまり長くなると、何かあったのではないか、と心配になり、
なんとかそのご動向を知ることが出来ないか、別の場所を徘徊などしてしまいます。

ある意味、ストーカーのような自分の姿に呆れながらも、不安な気持ちは増すばかりで、
もちろんご主人様にご迷惑のかかるようなことは致しませんが、
そのうちに、何か楓がしでかしてしまったせいで、つぶやいていただけないのではないか、
楓にそのご様子を知られたくないとお考えになっているのではないか、などと
ひとり勝手に考え始めると、この悲観的思考はもう止まらなくなってしまうのです。

もちろんご主人様へのひとり言メッセでは、そんな思いをお伝えします。
それでも取り合ってなどいただけないことは、初めからわかっているのですけれど、
さんざん不安を口にした挙句、今度は黙り込む、という流れも、いつものパターンです。
もういいかげんに同じことを繰り返したくないと思ってはいるのですが、
ついにご主人様が呆れて、ひと言くださるまで、そのグルグルは止むことがありません。

今回が特別に長い放置だったというわけではありません。
ですが楓は、どうしていいかわからないほどの不安に襲われました。
楓にしては「真剣な」ご相談をしたつもりだったのですが、お返事をいただくことはできず、
諦めて反省をして、お詫びをしてもやはり何の反応も感じられませんでした。

もう楓の声など、ご主人様はお聞きになってはいない。
ご主人様はもう楓のことになど関心をお持ちではない。
それでも楓はここに居る意味があるのだろうか・・・

「楓はもう要らないですか」
ついにはそんなことまでお尋ねしてしまいました。

翌日、出血があって、生理前の不安定がいつになく酷かったせいだと思いつきました。
「そんな五月蝿い奴隷など要らない」と言われてもしかたないと思いました。
そして気づいたのは、ご主人様にお仕えしたいのは楓の方なのだ、ということでした。
もともと楓がここに置いていただきたいと願ったことなのです。
ご主人様が大好きだからこうして居るのです。
そんな簡単なことに気づいたら、すうっと楽になりました。
いえ、きっと血流が悪かっただけなのです。

その夜、ご主人様からメッセをいただくことができました。

---- あはは、安心しろ、忙しいだけだ。

ご主人様は少しも心配などしておられませんでした。
楓がどこにも行かないことを、ちゃんと知っておられるのです。
奴隷のつまらないつぶやきになど、いちいち反応している暇はないのです。
それだけのことです^^

スポンサーサイト
[PR]

2010.06.01(Tue) | slave | cm(4) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/322-e8c9ec3e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
953. 良かったですね
楓さんの気持ちとてもわかります

えみも御主人様から メールが来ないと何も手がつきませんし、イライラより不安で泣けてきます

御主人様のお側にいるのは精神的に強くないと駄目ですね
えみ | 2010.06.01 17:15 | edit
954. No title
えみさま

初めまして、でしょうか、コメントありがとうございます^^
楓ももう長いこと、ここに置いていただいておりますし、
いい加減に慣れてもいいと思うのですが、
懲りずに同じ間違いを繰り返してしまいます。
ひと言いただくだけでコロリと治ってしまうこの病は、
ご主人様をお待ちする方に共通かもしれませんね。
思いを共有していただけてうれしいです。ありがとうございます^^
楓 | 2010.06.02 10:05 | edit
955. No title
つぶやきの場所を教えて貰えるなんて、大事にされている証拠じゃなぁい?
つぶやきしてないと、不安になる気持ちはよ~く判るわ!
でもいそがし過ぎるとつぶやきさえ出来なくなるのよね^^

miwmiw | 2010.06.02 12:35 | edit
956. No title
miwmiwさま

大事にはねぇ、されてません(笑)
でも、それでいいんだと思ってますから^^
お忙しいことも十分わかっているつもりなんだけど、
どうしても不安になると止まらない・・・この病気は治りそうにありません^^;

今回はお会いできなくて残念だったわ~
また落ち着かれたら遊んでやってくださいませ^^
楓 | 2010.06.03 11:42 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。