FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

大切な日
だんだん年数がわからなくなりますね・・・(笑)
きっとご主人様も、そんなこといちいち気にしていない、と仰るでしょうけれども、
やはり楓にとっては大切な日・・・もう5年になるのです。
あの日のことは生涯忘れられない、と何度も書いていますが、
折々にその情景をくっきりと思い出すことができるのも、ここがあるおかげです。
今もまた、そのページを読み返しては、カラダの奥からこみあげる熱いものを感じています。

もとはといえば、楓の愚痴などを聞いていただくだけの方だったのです。
ほんのちょっとした好奇心と冒険心でお会いてみようと思った、たった一度のことで、
そう、あの気が遠くなるようなキスひとつで、楓を虜にしてしまわれたご主人様・・・
Hotelへの誘いはお断りしたのに、まさかあんな場所で、いかされてしまうなんて。

跪き、ペニスまで咥えてしまった楓を、きっと簡単な女だとお思いになったことでしょう。
でも楓は、どうしてあんなことができたのか、いまだに不思議で仕方ないのです。
それどころか、自分からお誘いしてしまったことすら、信じられないほどなのです。

もしあの日、楓がお誘いしなくても、楓はご主人様とお逢いすることができたのでしょうか。
ご主人様が楓を誘ってくださるようなことはあったでしょうか。
楓を奴隷にしようなどと、思ってくださることはあったのでしょうか。

あの日、そんな機会が訪れたのは、ほんのちょっとした偶然の悪戯かもしれません。
でも楓には、この偶然は必然だったのだ、という気がしてなりません。

ご主人様にとってはただの気まぐれだったとしても、
楓はご主人様に、真実の姿を教えていただかなければならなかったのです。

ご主人様の奴隷として、便器として、性処理道具として、
ここにこうして置いていただくことが、楓の運命だったのだと思います。


・・・なぁんて、少しおおげさですね・・・ふふ
そんなことをまた一人で考えながら、今年もこっそりお祝いしようと思います。

いつまでたっても迷ってばかりの楓を、今もこうして置いていてくださって、
黙っておられても、いつも変わらぬ瞳で見守ってくださるご主人様に感謝します。
気持ちを新たにし、来年もまたこうして大切な日を迎えられるようにと願います。

今日もご主人様を想うことができる幸せに感謝します。

楓は今日も、ご主人様が大好きです。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

2009.12.08(Tue) | slave | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/303-b48db0e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
912. お祝いしちゃいましょ♪
忘れられない一日ってありますよね。
私にもあります。

何であんな事が出来てしまったんだろう…
何で出かけていったのだろう…
そんな風にいくら考えても答えがわからない一日が。
でもその一日が以降の生活を一変させた一日が。

いつ思い出してもその日を思い出せば今を感謝出来る気持ちになります。

せっかくの大切な一日なのですから…
こっそりなんて言わずにせめて女性同士でお祝いしちゃいましょうね♪
花凜 | 2009.12.10 01:47 | edit
913. No title
花凜さま

どうもありがとうございます♪
キャンペーン、ご一緒させていただこうと思っていたのですが、
どうも不器用なもので、うまく乗れずにおりました^^;
うれしくて、感謝して、また寂しくもなってしまうこの日・・・
どうにも困ったものです(苦笑)
楓 | 2009.12.10 09:43 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。