FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ご主人様の手でCrossを(4)
狭いソファの上でご主人様の上に乗らせていただいて、
楓は、いつもそうなんですけれど、ひとつ目の至福を味わいました。
その日初めて入れていただく瞬間は、何にも代えがたい幸せ感です。
ですから本当はゆっくりその感触を噛みしめたいのですが、そうもいきません・・・

楓は、ご主人様の上で腰を振るのが、上手ではありません。
ある方とお話したときに、そんなことをご相談したら、
それは楓の体勢が悪いのかもしれない、とわかりました。
楓はいつも、ご主人様のペニスを深いところで感じたいものですから、
膝をついて密着させたまま、押し付けるように動かしていたのですが、
そうではなくて、(想像しただけで恥ずかしいのですが) 脚を開いてしゃがむようにして、
ご主人様にソコが良く見えるように動いたらどうか、と、ご助言をいただいたのです。

今度、上に乗らせていただくことがあったら試してみます♪・・・とその方に感謝して、
ようやくそのチャンスを得たというのに、やはり上手くできませんでした。
入れていただいただけで楓はとろけてしまうので、気がつけばいつもの体勢で、
慌てて膝を立てようとしますが、もう腰砕け・・・^^;
ご主人様が簡単に楓の腰を掴み、玩具のように動かしてくださると、
楓の体勢が中途半端だったのか、何度も抜けかけてしまっては焦らされて、
楓はペニスを追いかけて入れ、それだけに必死で、おかしくなりそうで、
ご主人様にはきっとご満足いただけなかったと思います。

それだけですっかり濡れすぎていたので、流して来いと言われたのかもしれません。
楓だけシャワーを浴びさせていただいて、ご主人様の横たわるベッドに急いだように思います。

慌ててカラダを拭いて向かうとご主人様が、持ってきたものを出しておくように仰って、
枕元に針や消毒液などの入ったポーチを出しておいたような気がします。
やっぱり本当にあけてくださるおつもりなんだ、とわかって、ドキドキしながら、
楓はご主人様の足の方に四つんばいになり、また大好きなペニスを舐め始めました。

ご主人様が手を伸ばして、これから穴をあけるその乳首を、確認するように弄り、
まるで麻酔をかけてくださるかのように、充分すぎる痛みをくださりながら、
楓のお口を、喉を、ペニスで犯してくださいました。
楓は乳首の痛みと、息ができずに苦しいのと、そして喉の奥で感じるのと、
なんだかわからなくなりながら、何度もいきました。

ぐったりした楓を枕の方に転がして、今度はご主人様が上になり、
楓の脚を持上げて、もうぐしょぐしょのおまんこにペニスを突き刺してくださいました。
乳首はちぎれるほどに捻り潰され、クリはピアスで引き出され捩じられて、
交互に与えられる痛みはそのままおまんこに伝わって、そこで快感に変わるようでした。
そうしてそこを貫いてくださっているご主人様のペニスを締め付けて、
ご主人様にもその快感が伝わっていくのがわかると、一層幸せな気持ちになるのです。

---- 痛いか、それとも気持ちいいのか
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2009.11.21(Sat) | tryst | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/298-8597c7fb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。