FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

今もその中に
---- いや、誰も布団針は真似しようと思わないからぁ~

先日のオフ会でピアスのお話になったときだったと思いますが、
楓にはほとんど相談をいただくこともないです、というようなことを言ったら、
そんな風に笑われてしまいました。
うーん、確かにね・・・^^;
思えば楓が師匠と慕わせていただくようになったのは、やはりピアス記事が始まりで、
そのおかげで、どれだけ勇気づけられ、どれだけ決意の源になったことか。
もちろん師匠は、針であけることなど勧めてはおられませんでしたし、それどころか
そんなところに穴をあけるということのリスクについても、詳しく解説してくださっていました。
それでも楓が、自らあけることにこだわったのは、何故なんでしょう。

---- だって楓さん、痛いのが好きなんだもんねぇ

そんな風にからかわれて「そんなことないですってば」と反論して笑いながら、
その時の、説明のつかない、思いつめた気持ちを思い返していました。

---- そのときは、おかしくなっちゃってるんだよね?

師匠の助け舟に、やっぱりわかってくださっているなぁ、とうれしくなりました。
本当にその時は自分でも「おかしい」と思いましたが、そうすることだけに必死でした。

その時は、どうしても「針」でなければならなかったし、
人の手を借りることなく、「自らの」手でしなければならなかったし、
相応の「痛み」を伴わなければならなかったのです。
そんなことをしてしまう自分に、酔っていたのかもしれません。

だからといって、それはその場限りの「狂気」だったわけでもないことは、
その後、片ときも離さずに、ピアスをつけ続けていることから明らかで、
今も楓が、静かにその「狂気」の中にいることは、ご主人様もよくご存知なのだと思います。
ご主人様がときどき、この静かなところから、違う世界に連れて行ってくださるのは、
楓にそれを自覚させてくださるためなのかもしれません。

ただ毎日を平凡に暮らしているけれど、楓は今もその中に居るのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

2009.10.04(Sun) | slave | cm(5) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/284-c0b981bf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
834. No title
そうですね。
その「狂気」を発散させてくれる存在が主様なのですね。
溜まってしまった「狂気」がM女自信を壊してしまう前に、違う意味で壊す役割だと私も思っています。
だから、壊される前に開放させられたM女は安定を取り戻すのでしょう^^。
主の存在など、そんなものだと思いますよ。
達磨 | 2009.10.04 20:31 | edit
835. No title
達磨さま

平凡な日常なのに、楓にはいつも「狂気」が備わっているんだな・・・ということに、
壊していただく度、いつも気づかせていただくのです。
それを実感させていただいては、また普通の生活に戻っていく、なんて、
もしかしたらとても贅沢なことかもしれません。

楓 | 2009.10.05 01:26 | edit
836. No title
心を狂わせるのもご主人様なら、日々穏やかに過ごせる心を与えてくださるのもご主人様。

もともとなんらかの「狂気」を持つ私たちは、それでバランスがとれているのかも知れませんね^^
KIRA | 2009.10.05 08:37 | edit
837. No title
その狂気が溜まりもう限界ってところで時間を作ってくださる。

私も色んな配慮をくださる主様に日々感謝しています。

猫子 | 2009.10.05 10:56 | edit
838. No title
KIRAさま

そうなんですよね。
静かな日常を過ごせるようになったのも、ご主人様のおかげです。
その一方でご主人様も、楓の危ういバランスを楽しんでおられるのかな、
という気もしています(笑)


猫子さま

はい、もう限界です(爆)
そろそろご配慮をいただけないかと、日々願っておりますし。
あ~ん、羨ましいです(>_<)
楓 | 2009.10.06 09:51 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。