FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Crossの痛み(3)
いつのまにかベッドに上がって、楓はまたペニスを舐め続けていました。
つい自分ばかりが夢中になってしまいますが、ご主人様も楓のお口を気に入ってくださって、
ずっとそうさせていてくださるのだと勝手に思っています。

汗をかいた足の付け根から、お尻の方に回って舐めていきます。
舌を細くして、できるだけその穴の中まで届くように舐めるように命じられます。
なかなか思うようにできなくて、ついチュウチュウと吸い付いてしまいます。
ご主人様のものを口にしたい・・・内緒ですけれど楓は、そんなことまで思ってしまいました。
また大好きなペニスに戻ろうとしたら、全身を舐めるように命じてくださいました。
ご主人様のお望みになることをさせていただけるのがうれしくて、
できるだけ舌を伸ばして、おなか、わき腹、胸、わきの下、肩、喉元へ、
汗をおかきになっているところを丁寧に、舐め上げていきます。

いつもは少し遠慮の気持ちがあるせいか、ご主人様の上を四つんばいで移動して、
楓のカラダがご主人様に触れないようにして舐めているのですけれど、
気づけばなぜか、ご主人様に自分の体を擦りつけながら舐めていました。
なんだかとても気持ちよくて、舐めているだけなのに脳が痺れていくのがわかります。
ご主人様の首筋を舐め、「耳の中まできれいにしろ」と命じられたときには、
興奮してひどく息が荒くなってしまっていたような気がします。
ご主人様の耳の後ろの汗を舐め、少しだけ耳たぶを噛んで耳の穴に舌を差し込みました。
耳かきよりも気持ちよくして差し上げられるものかしら、などと思ってぺろぺろしていると、
「中に涎を垂らすなよ」と言われてしまい、可笑しくてわざとチュウチュウしたりしました。

楓はこれまでも、充分ご主人様に甘えさせていただいていると思いますが、
本当はもっともっとくっついたり、触れたりしたかったのかもしれません。
自分でも思いがけず、ご主人様の肌に触れていることが気持ちよくて、
きっとご主人様は、そんな楓の気持ちを察してくださったのでしょう。
腹ばいになって、背中に楓の重みを感じてくださりながら、こんなことを仰いました。

---- 背中におまんこを擦りつけろ

楓はあまりに意外なご命令に驚き、そんな失礼なことを?と戸惑いましたが、
楓のおまんこはズキンとして、それを求めました。
小さく「はい」とお返事をして体を起こし、大きく脚を開きなおして腰を動かしました。
ご主人様の背中でオナニーしてる・・・
そう考えただけで恥ずかしくて、でも・・・気持ちよくて。
角度が悪いと思われたのか、ご主人様はカラダを横にして、わき腹を貸してくださいました。
その少し尖って硬い場所は、楓のおまんこをちょうど良く刺激してくださって、
楓は次第に恥ずかしいことも忘れ、まるで自分の玩具のように腰を擦りつけました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2009.08.07(Fri) | tryst | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/273-8da79b00
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。