FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

予想外(3)
ご主人様も、楓の気持ちの変化に気づいてくれたのかもしれません。

---- 舐めろ

そう命じてくださったので、楓はまだブラだけをつけた中途半端な姿でしたが、
かまわずご主人様の足元に駆け寄り、夢中でご主人様の下着を取らせていただきました。

いつもの習慣で、靴下も取らせていただいてしまったものですから、
どちらから舐めるべきかと、少し迷ってしまいましたが、
ご主人様はペニスを舐めるように指示してくださったので、喜んでしゃぶりつきました。
すでに硬く大きくなっておられたので、ご主人様も楓を求めてくださっていたように思えて、
もちろんご主人様にとっては楓など、ただの性処理道具のひとつなのだと思いますが、
勝手にうれしくなってしまいます。

すぐに咥えてしまうのがなんだかもったいなくて、舌を伸ばして舐め回し、
久しぶりに味わわせていただくその味は、すぐに楓を酔わせてしまいます。
深いため息が漏れ、しだいに息が荒くなって、咥え込まずにはいられなくなるのです。
お口いっぱいに頬張り、命じられてもいないのに一番奥を目指します。

ようやくわかってきた、ご主人様に気持ちよくなっていただける場所に近づけたのでしょうか、
ご主人様が楓の頭に手をかけ、確認するようにぐいぐいと押してくださいました。

---- ほら、こうだろう? お前は俺を気持ちよくさせればいいんだ

そうやってご主人様の道具として扱われることが、楓を濡れさせるのです。
どうしても自分の力では、息の塞がるところで我慢が出来ないのですが、
道具となってご主人様の手で、ご主人様の感じるところまで押し込んでいただくと、
その支配される自らの姿に感じてしまうのかもしれません。
楓の自由を奪って、そうしていただくにつれ、苦しいのに楓の腰は勝手に動いて、
ご主人様のスネに跨って、その足先を捜し求めていくのです。
大好きなその親指を見つけると、おまんこに宛がって擦りつけ、入れて欲しいとせがむのです。

ご主人様は、楓の頭を押さえた手の力を緩めることなく、喉を使ってくださりながらも、
器用にブラをずらして、ピアスのついた乳首を引き出し、ギリギリと潰してくださいました。
楓は塞がれた喉から悲鳴を搾り出して、その日初めて、いってしまったのですが、
たぶんご主人様はお気づきにもならないで、力を加えてくださるのです。
意地悪くその足先を激しく動かしたり、止めたりなさって弄んでくださって、
楓は息苦しさと、喉の奥からおまんこまでに走り続ける快感とで、
何度となく、いってしまいました。

---- お前はこの体勢が好きだなぁ。 そんなに気持ちいいか?

そんな風に笑われながら、楓はいき続けました。

スポンサーサイト
[PR]

2009.04.11(Sat) | tryst | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/241-ac7ad944
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。