FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

待たない奴隷
いつも「お待ちしています」と言っていたくせに、大きな矛盾です(笑)
でも、そうしよう、と決めたとたんに、なんだかとっても楽になれました。

ご主人様のご意見はまだお聞きしていませんが、お叱りにならないところを見ると、
楓の突然の宣言を、笑ってご覧になっているのだと思います。

そもそもご主人様は、ずっと前から仰っていたのです。 『待つな』と。
待てばつらくなるのは楓のほうだと、教えてくださっていました。
そして楓もわかったつもりでいたのですが、気がつけばいつも、
「お待ちしています」と言って泣いているのです。

これではご主人様に頼ってばかりで、ご主人様に構っていただくことばかりを望んで、
それが叶わなければ、駄々をこねてばかりの迷惑な奴隷でしかない、と気づきました。
そしてそれは『自分』がないからだ、と痛感したのです。

女性としても素敵なM女さまたちをブログで拝見したり、コメントでご助言をいただいたりして、
楓は今の自分に、いったい何があるのだろう、と思い始めていました。
自分の世界があるわけでもなく、ただご主人様に与えていただく餌だけを頼りにしていて、
こんな女が、いくら奴隷とはいえ、ご主人様に楽しんでいただけるのだろうか、と。

そんなところに、ご主人様からお叱りをいただきました。
楓はご主人様の仰るとおり、いつの間にかダラダラとした毎日を過ごしていたのです。
忙しさや、身の回りの出来事にただイライラしながら、流されているだけでした。
そんなだらしのない女に、ご主人様は魅力を感じないのだということがわかりました。
使ってくださる、とは言ってくださいましたが、きっとご主人様の優しさゆえのことなのです。

楓は、もちろんご主人様のために我慢していたわけではないのですが、
正直、普段の生活でも自分を押し殺している部分があります。
ここに詳しく書くべきではないと考えておりますが、
そうすることが少しでも上手に暮らしていくための知恵だと思っていました。
でも、身の回りのことが一段落したこともあって、そういったことをもう一度、
考え直してみてもいいのかな、という気がしたのです。


突然何を言い出すんだとお笑いになるかもしれない、と思いましたが、
楓はご主人様に、小さな決意をお伝えしました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

2009.03.29(Sun) | slave | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/237-3790798b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。