FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

うるさいかもしれない
うらやむ心が醜いものだということはわかっています。
そしてそれがグルグルのタネになることも知っていますから、
できるだけ持たないようにしようと思っています。

こんなときは、いつもなら元気をいただくはずの皆様のブログにお邪魔しても、
沸いてくるのはうらやましいという気持ちばかりです。
だからネットからも少し離れて過ごすことが、得策なのだと思うのです。

あるいは逆に誰かと話をして、楽しく過ごしていればいいのかもしれませんが、
よくお話させていただいていたM女さんとも、最近はそういう機会が減ってしまいましたし、
そうかといって、新しい場所を求める気にもなれないので、
ただパソコンの画面に向かって、ぼんやりしていたりするのです。

これでも普段は忙しくしている身なので、唯一ひとりでのんびりできるこの時間を、
もっと上手に使ったらいいのに、とも思いますが、ただこうして過ごしてしまうのは、
ご主人様が恋しいから、というよりほかにありません。

先日はちゃんと楓の役目を教えてくださいましたし、お忙しいご様子も知ることができたのです。
楓はグズグズ言わずに、じっとお待ちすることしかないのはわかっています。
だからちょっと黙っていよう、とも思いました。

でも、やっぱり黙ってはいられず、お返事の無いメッセの窓に話しかけてしまいます。
ご主人様にプレッシャーをかけてしまうようで申し訳なく思うのですが、
楓の大好きな気持ちをお伝えせずにはいられないのです。

以前、「やっぱりうるさいですか」とお聞きしたときにも、
「別に構わない。放っておくだけだ」と笑ってくださったご主人様です。
だからきっと今も、ただ黙って聞き流してくださっているのだと思います。
うるさいからといって、楓を迷惑に思ったりはなさらない、と、勝手に信じています。


思いついて、パソコンの前で少しずつ、お手入れを始めました。
そうでした・・・楓には、大好きなこの痛みがあったのですよね。
涙がこぼれましたが、少しだけ気持ちを落ち着けることが出来るようになりました。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

2009.03.17(Tue) | slave | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/232-77c8bec1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
741. ガンバ ですよ
自信喪失、羨望、すがりたいって思う事有りますよね。
そんな時は、些細な事でも自分の心の内で『完璧!』と思うレベルまで徹底的に行うと良いかもしれませんよ。
それも一回だけでなくて、続ける事が肝心と思います。(お住まいの掃除とか良いと思います)

私の彼女も(彼女が)30代の頃、想いが高じて心の内で処理しきれ無かったらしくにグズグズ言って来ましたよ。
人間として未熟だった私は、「オマエなんか知らん!」と言って2年間ほったらかしにしてしまいました。(ずいぶん泣き続けたそうです)

2年後、彼女から連絡が有り、逢ってみたら雰囲気が変わっておりました。もちろん言動も変わり、私に対して求める事が全く無くなりました。
その事を聞くと、「私は貴方に私の全てを与える事が出来る様になりました」と言いました。
いろいろ問答の末聞きだしたのが上記の事でして、2年近く些細な事も自分に納得するまで行ったら、自分に自信が付いてきたと言う様な事を言ってましたよ。
The continuation power!(継続は力なり)ですよ。

今年彼女は50歳になります。相変わらず忙しいヤツですが益々良い女になって来てます。
どちらかが死ぬまで手離すつもりはありません。

こんな女も居ますよ。

・・・・・と偉そうに言ってしまい申し訳御座いません。
ある女の主 | 2009.03.17 23:01 | edit
742. No title
ある女の主さま

優しい励ましをいただき、本当にありがとうございます。
偉そうに、など、とんでもありません。
以前お伺いしたお話からも、ご自分の世界をお持ちの、本当に素敵な女性を
長きに渡って所有し続けておられる、素敵な主さまなのだと想像できます。
2年もの間、その女性がどんな思いでおられたかと思うと、胸が苦しくなりますが、
同時に楓ならそんな風に自らを磨いていられるだろうか、と考えてしまいました。
今の楓は、仰るとおりの自信喪失、羨望の塊りで、日々ご主人様にお伝えする言葉も
けっして気持ちよく聞いていただけることではなかったと思います。
さきほど、呆れたご主人様からも、(短いですが)お叱りの言葉をいただきました。
主さまのおそばにおられる女性の姿勢に学ばせていただいて、
楓も少しでも長く、いえ、いつまでもご主人様にお仕えできるような女になりたいと思います。
どうもありがとうございます。これからもよろしくご指導くださいませ。
| 2009.03.18 01:35 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。