FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

甘すぎました・・・(7)
やはりご主人様は、楓の迷いにお気づきだったのでしょうか・・・

だから楓が余計なことを考えないように、咥えさせてくださったのかもしれません。

ご主人様のペニスを感じてさえいれば、楓の不安は薄れていくのです。
お許しいただけるなら、いつまででもこのお口に含んでいたいのです。
その味と感触で、楓の心は幸せでいっぱいになっていき、
ご主人様もそれを心地よく感じていただいていることを、知ることができますから。

次第に余計な考えも頭から消えていき、無心になって舐め続けていると、
ご主人様の手も楓のおまんこに触れてくださいました。
思わず気持ちのいいところを求めて、腰を動かしてしまいます。
くちゅくちゅという湿った音がして、楓がついお口を離して喘いでしまうと、
ご主人様が楓のカラダを倒し、覆いかぶさるようにして、ペニスでお口を塞ぎました。

ご主人様が楓のおまんこで遊ぶお気持ちになってくださって、
そしてちゃんとお口も使ってくださることがうれしくて、頬張り直します。
初めは少し乱暴に弄られるのが気持ちよかったのですが、次第に痛みが強くなっていきます。
楓の顔にはすっかりご主人様のカラダが乗って、息も隙間からときどきしかできません。
苦しいけれど身動きできないので、ご主人様の腰にしがみついているしかありません。

楓は前日、ご主人様にメッセでお願いをしていたことを思い出しました。
スポンサーサイト
[PR]

2009.02.21(Sat) | tryst | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/224-9d83f2cc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。