FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

お年玉(恥ずかしかったこと)
なんだかもっと書いておきたいことがあったような気がするんですが
時間がたってしまって、わからなくなりました。

でも逆に、恥ずかしくて書きたくなかったことがあったのですが・・・
一応、大切な記録なので、やっぱり書いておくことにします。

ご主人様は、本当はあまりアナルがお好きではありません。
今思えば、楓の「初めて」を奪うことで楓にその立場を思い知らせるために、
あえて使ってくださったくらいなのかもしれません。
そしてその後は、楓がその新しい快感を覚えていく過程を楽しんでくださっているのでしょう。

楓はその前日、あることをご主人様にお願い(というか、提案)していました。
といっても、どういうことかをはっきりお伝えしたわけではなく、
「してみたいことがある」という風にですが。
ご主人様はもちろんお返事をくださったわけではありませんでしたが、
それがアナルを使ったことだろう、と推測なさっていたのかもしれません。

お風呂でご主人様が、楓のおまんこに指を入れて洗ってくださったとき、
思わず四つんばいになってしまった楓の、後ろの穴にも指を入れてくださって、
「浣腸でももってきたのか」とお尋ねになりました。
楓は慌てて否定しましたが、ご主人様は楓がそういう願望をもったのかと
お思いになったのかもしれない、と思いました。

そうではないのです。
ご主人様に問い詰められて白状いたしましたが、楓がしてみたいと思ったことというのは、
いつもご主人様に犯されるばかりのアナルを、自ら使ってみたい、ということでした。

元々は、お友達のM女さまがしていらしたことに憧れたのですが、
横たわるご主人様の上に自ら腰を落として、前の穴で楽しんでいただいたあと、
そのまま、もっとキツい後ろの穴にも差し込んでいただけたなら、
もっとご主人様に気持ちよくなっていただけるのではないかと・・・

いえ、本当は、
そんなことを自ら望み、恥ずかしい姿を晒してご主人様に観ていただくことで、
どれだけ楓は、身を震わせることができるのだろう・・・と思ってしまったのでした。

---- あはは、アナルはそんなに好きなわけじゃないと言っただろう

ご主人様にはあっさり却下されてしまいましたが、内心、楓はほっとしました。

否定されてもいいのです。
いつも恥ずかしくて言うことのできなかった願望を、面と向かって言うことができて
そしてご主人様がストレートにそのお気持ちを言ってくださったことで、とても安心したのです。
言ってしまって、とても恥ずかしくなりましたが、楓がどんなことを言い出しても、
ご主人様はきっと、ムリに合わせてくださったりすることもなく、でも軽蔑なさることもなく、
ただご主人様の思うとおりになさるのだろう、と思うことができました。
何でも笑って受け止めてくださるご主人様に、感謝しています。


そしてもうひとつ。

そのあとにお風呂に入ったときも、おまんこに指を入れてかき回していただいたのですが、
奥のほうを探られているとき、ご主人様が急に「なんだ、これは」と仰って、
何度もグリグリとその奥の壁を探られました。

---- なんだかコロコロしたものがあるぞ

一瞬、楓は先日失くしたピアスのボール(笑)を思い浮かべたりしましたが
ご主人様がお医者様のようにいつまでも探っておられるので、ちょっと心配になりました。
でも、そのくせそこが気持ちいいのです。
次第にカラダがくねくねとしてしまって、ご主人様にも笑われてしまいました。

---- 何だ、お前、これが気持ちいいのか

それでもまだご主人様は不審そうに探っておられて、
今度は後ろの穴に指を入れ替え、裏側からお調べになったのです。
すると・・・

---- うわ、お前、ウン○か、これ

恥ずかしいことに、そのコロコロとしたものの正体はそれでした。
あまり便秘をすることもなく、ご主人様に使っていただく前にはたいてい自然にできているのに、
実はこのお正月はあまり調子がよくなくて、ずっと残留感があったのですが、
やはり残っていた、というわけでした。

ご主人様は「くっせぇ!」と楓を放り出して、慌てて手を洗って出て行かれました。
楓は、恥ずかしいのと申し訳ないのと、我ながら可笑しいのとで、泣き笑いが止まりません。
お風呂の中でしばらく笑い続けてしまってから、あらためてカラダを流して、
ご主人様の元に急ぎ、お詫びをしました。

---- もしそうでなければ、医者に行けと言うつもりだった

あとから、ご主人様がそんな風に思ってくださったことを知り、楓はうれしくなりました。

やっぱり楓は、心もカラダもすべてご主人様に知っていていただかなければいけません。
恥ずかしくても、良くないことでも、楓のすべてがご主人様のものですから。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2009.02.02(Mon) | tryst | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/214-35a831fa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。