FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

お年玉(4)
ご主人様は、楓がただ苦しんでいるだけとお思いだったかもしれませんが、
楓は喉の奥でいくことを、覚えてしまいました。

以前は奥まで飲み込むことに必死で、苦しさを我慢することに酔っていたのかもしれません。
このときは力を抜いて、ご主人様に押し込んでいただくことにお任せできるようになって、
喉の奥の、狭いところをペニスが通るたびに、小さくいくようになりました。
ただ、もっと深くいけるような気がして、また必死になってしまうのですけれど。

---- そこだ、わかったか?

ご主人様にとっても、そこが気持ちのいい場所であることがわかって、
ご主人様の手で頭を押さえつけていただいたまま、
楓はお返事する代わりのように、腰を振っていました。

きっとそのまま我慢ができて、もっと奥まで押し込んでいただけたら、
そこでご主人様に放っていただくことができたのかもしれない、と思いますが、
一瞬、喉の奥からこみ上げてきてしまって、慌てて楓はご主人様を突き放し、
洗面所に駆け込んでしまいました。
幸い食事前でしたから、酷いことにはなりませんでしたが、
苦い胃液を吐き出して、何度も何度もうがいをしました。

ああ、なんだか記憶が曖昧です。
ご主人様の元に戻ってお詫びをして、また咥えさせていただいたのかしら。
楓の喉のヌルヌルしたもので汚してしまったペニスを自分の頬に擦り付けてみたり、
また舌で舐めとってきれいにしてみたり、
性懲りもなく、また汚してしまうところに押し込んでしまったり、
ずいぶんと長い時間、喉を使っていただいたような気がします。

いつ、下着をとったのかも、覚えていないのです。
喉の奥を突いていただいている間、ご主人様に触れていただいたかどうかすら、
不思議と今回は思い出せないのです。
ただご主人様に見下ろしていただきながら、気持ちよくなっていただいて、
楓自身も喉で感じていられることがとても幸せでした。


楓がひどく汗をかいていて、シャワーに連れて行っていただいたように思います。
すでに朦朧としていて、ご主人様にもう濡れすぎていたおまんこを洗っていただいて、
ざっと汗を流すだけで、ベッドに向かったような気がします。

横たわるご主人様のペニスを、また舐めさせていただいて、
覚えてしまった喉の奥で、感じさせていただくうちに、
ご主人様がふと、楓のカラダを回転させてくださって、仰いました。

---- 入れてやろう

枕の方までカラダを上げてくださって、楓の両脚を掴んで大きく開き、
ずっと待ち望んでいたものを突き刺してくださいました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

2009.01.17(Sat) | tryst | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/208-dfb4e586
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。