FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

お年玉(3)
待ち合わせといい、服の脱ぎ方といい、失敗続きの幕開けとなりましたが、
ひとたびご主人様の足の指に、楓の舌が触れてしまえば、そんなことはもう・・・

楓は、ただの奴隷でしかありません。
大きくため息をついて、親指を根元までしゃぶり、
ひたすら指の間に舌を伸ばして舐めまわして行くだけでした。

ご主人様は器用に両足を使って楓の顔を挟んだり、頬を叩いたりしてくださって、
楓の立場をわからせてくださいました。

そうしてまだ舐め足りずにしゃぶり続ける楓を促して、
下着から、楓の大好きなペニスを覗かせてくださいました。

---- こっちだ

吸い寄せられるようにして近づくと、楓のお口を待っていてくださったかのように
すでに硬くて素敵なペニスになっておられて、楓はうれしくなりました。
夢中で舐めまわしはじめますが、また止められてしまいます。

---- 脱がせてからだ

はい、とお返事をして、もどかしく下着を取らせていただいて、
今度こそ、思う存分、舐めさせていただくのです。
今年最初のご主人様のペニスを、その舌で、喉で、味わいたいと思いました。


---- 舐めたかったのか

---- どうだ、美味いか

そんな風に声をかけていただいても、頷くことしかできず、ただ舐めまわします。
そして次第に喉の奥へと飲み込んでいきたくなります。

よく覚えていないのですが、たぶん楓は何度か、喉の奥の狭くなったところに、
ご主人様のペニスを押し込んでいただけたのだと思います。
その度に、なぜか楓の腰は動いて、突き上げてくるものを感じているようでした。
息ができなかったせいではなく、何度も・・・いってしまいました。

---- いっちゃったのか

そのときだったか、いえ、そのあとだったと思います。
ご主人様はペニスの代わりに、楓の喉に、その指を奥まで突っ込んで遊んでくださって、
同じように喉を開いて受け入れられた、と思った瞬間に、
楓はまた、いってしまいそうになりました。

---- お前はペニスでなくてもいいんだな

そんな風にご主人様はお笑いになったけれど、本当にそうなのかもしれません。

楓は喉の奥でも、いかれるのかもしれません。

ご主人様が突っ込んでくださるのなら、何ででも。 そして、きっとどの穴ででも。

スポンサーサイト
[PR]

2009.01.16(Fri) | tryst | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/207-50047c19
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
707. No title
え?!
すごーーーい!
咽喉を指で責められても逝っちゃうんだ?
今度は咽喉オナニーをしてみたらどうかなぁ。。。。歯磨きの度に逝っちゃったりして!

咽喉の奥は気持ちいいけど、逝けないなぁ。逝ってみたいかも~~

miwmiw | 2009.01.16 12:17 | edit
708. No title
miwmiwさま

なんだかね、無心になってお任せすると、いけるみたいだってことがわかりました(笑)
頭の中を空っぽにすれば(あ、元々でした^^;)、よけいなことを考えなければいいんだ、って
ご主人様がよく仰るわけが、やっとわかった感じです^^


| 2009.01.17 00:47 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。