FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

欲しかったもの(5)
ご主人様のペニスが抜かれたあと、溢れ出る精液がもったいなくて、
指示されたわけでもないのに、自らの指を突っ込んでかき出し、舐め尽します。
楓のこんな浅ましい姿を、ご主人様はどんな風に思って見ていらっしゃるのでしょう。
楓は、ご主人様がこんなカラダを使って、そこに放ってくださることが本当にうれしいのです。

ご主人様がお疲れのような気がして、休んでいただきたい、と勝手に考えました。
ご主人様のペニスをきれいにしながら、お布団に手を伸ばしてご主人様にお掛けしました。
また楓が息苦しくなって止めたりしてしまわないように、こっそり換気口を作りながら(笑)

なんだかいろいろなことが上手くできていない、と思いました。
ご主人様に気持ちよくなって欲しい、と考えすぎていたのかもしれません。
お口でいって欲しいと思って、奥まで入れていただけるようにしていたつもりなのに、
いつものように苦しくなるところまで押し込んではいただけなかったり、
気持ちよくおしっこをしていただけるようにと思っても、
咥えた角度が悪いのか、なかなか出していただけなかったり(それはときどきあることですが)。

ご主人様のペニスを舐めながら、やっぱり楓が感じすぎてしまうせいだ、と思いました。
楓ばかりが気持ちよくなってしまうから、
この濡れすぎたおまんこでは、ご主人様に満足していただけないのかも。
そんな焦りがずっとつきまとっていました。

そんな気持ちをわかってくださったかのように、
ご主人様は楓を腕の中に引き上げてくださったような気がします。
何も仰らないけれど、ただギュッと抱きしめてくださいました。


---- ご飯にしましょうか

お食事の時間は少し普通モードに戻って、ご主人様に甘えてしまいます。
系統の違う2種類のお弁当・・・半分ずつだな、と仰るご主人様の笑顔がうれしくて。
沸かしておいたお湯で、カップのとん汁と青菜のスープを作っている間に、
ご主人様はどんどん召し上がっていて、慌てて楓も食べ始めます。
途中でお弁当はすり替えられ、スープも交互にいただいて、
つまらないことですが、初めはとても緊張していたそんなことが、
今はごく自然になっていることを幸せに思います。
ちょっとお弁当はハズレだったかもしれない、と思いましたが、
ご主人様は何も仰らずに召し上がってくださいました。


食事のあと、楓はまたすぐにご主人様のペニスを舐め始めました。
ご主人様のお膝にもたれて、一緒にTVを見ながらお話できる時間も贅沢だと思いますが、
それすらもったいない気がして・・・ご主人様のペニスに触れていたかったのです。
ご主人様を急かしているように思われたかもしれません。
少しするとご主人様はベッドに移動なさって、舐め続けるように仰いました。

---- ほんとにお前は舐めるのが好きだなぁ。 そんなにペニスが好きか。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2008.12.04(Thu) | tryst | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/190-dcfb2b27
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
674. No title
普通にお話するのと、ちんちんをしゃぶるのと、迷うなぁ、、、、
月に1度位の逢瀬だったら、やっぱり迷わずちんちんに行くかな!

miwmiw | 2008.12.05 10:31 | edit
675. No title
miwmiwさま

そうなんですよね、限られた時間だと思うと、つい・・・(笑)
ずっと舐めておけ、と言っていただけるなら、そうしていると思います^^;
| 2008.12.06 10:54 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。