FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

何もいらない (4)
いつもより少し広いお風呂は、やっぱり気持ちいいです。
ご主人様の足の間に絡まるようにしか入れないような、小さなお風呂も好きですが。ふふ

---- 汗だけ流して来い

軽く汗を流すと、ご主人様はすぐお部屋に戻っていってしまわれました。

走ってきて汗びっしょりでしたし、すでにぐったりするくらい、いかせていただいていましたので、
楓は全身の汗と、ヌルヌルした部分を、よく洗い流してから、ご主人様の元に戻りました。

---- やっぱり先にもう少し遊ぶぞ

お食事かと思いましたが、ご主人様はベッドに横たわり、舐めるように仰いました。
楓は、テーブルに出したままになっていたデザートだけ冷蔵庫にしまうと、
(だって、気になっていたんです^^;)
すぐに喜んでご主人様のペニスを咥えに行きました。

お風呂に入ってしまったので、大好きな匂いも味もなくなってしまいましたが、
その分、ご主人様に気持ちよくなっていただくことに集中します。
先に楓がたくさん感じさせていただいたことを、申し訳なく思っていました。

今度ご主人様を舐めさせていただくときは、こうしてみよう、ああしてみよう、と
ネットで見かけた記事でお勉強もして、本当はいろいろ考えていたはずなのに、
いざとなるとそんなことは吹き飛んでしまいます。
ただ舌が感じるご主人様のペニスの反応がうれしくて、必死にしゃぶってしまいます。
ご主人様は「もっといやらしく舌を出せ」などと指示くださりながら、
写真を撮ってくださっています。
そんな楓のいやらしい表情を気に入ってくださるならうれしい、と思いながら
恥ずかしいのを我慢して、レンズを見つめることも、少しはできるようになりました。

ご主人様に押さえられるままに、楓の喉はまたご主人様のペニスを受け入れました。
今度こそ喉の奥で、ご主人様にいっていただきたかったのです。
横たわったまま、ご主人様が玩具のように扱ってくださるのがうれしくて・・・気持ちよくて。
ご主人様も「ちゃんと鼻で息をしろ」と仰って、楓がその場所を保てるように気遣ってくださって、
夢中になると出来なくなる息を、意識して、少しずつすることができたのに、
やはり楓の喉は、お役に立つことが出来ませんでした。

ご主人様はつまらない玩具だとお思いになったでしょうか。
あまりに楓が苦しそうだったから、手を緩めてくださったのでしょうか。
申し訳ありません、ご主人様。
今度はもっと上手に、この喉を使っていただけるように、必ずなりますから。


楓の喉でヌルヌルにしてしまったペニスを、舐めてきれいにさせていただくと、
今度は楓を枕の方に引き上げてくださって、おまんこを使ってくださいました。

両脚を大きく広げられ、折りたたまれて持ち上げられ、勢いよく差し込まれると、
楓はまた自分のことだけになってしまいます。
ご主人様に使っていただくんだ、楓はただの玩具なんだ、と思うのに、
入れていただいた途端、その気持ちよさに溺れてしまうのです。

ご主人様は、確かめるように楓の中を硬いものでかき混ぜてくださりながら、
その締め付け具合を調節する手段であるかのように、楓に痛みを与えてくださいます。
時には乳首を、時にはクリを、捻り上げ、爪を立ててくださって、
痛みと快感に悲鳴をあげる楓の頬を叩き、ご主人様を締め付けさせてくださるのです。
悲鳴で渇いた喉に口づけて、痰を流し込んでくださると、胸が熱くなって涙が溢れます。
そうしてまた千切れるような痛みをくださるのです。

---- もっと狂え

そう言われて、タガがはずれたような気がしました。
はい、こんな楓を許してくださるなら。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2008.10.17(Fri) | tryst | cm(3) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/174-26fe5f5b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
629. No title
もっと狂え
いいあおり言葉だわ!
本当に気が狂ってしまいたい。。って思うよね。
この時間がこのままの状態で死ねるなら、気が狂えるなら。。。
目を覚ましたくないよ!

狂った楓ちゃんが見たいです!

miwmiw | 2008.10.19 21:46 | edit
630. んーー!
楓さんの文章が上手くて、いろいろ想像しながら読んじゃいました^^;

気持ちいいと思わず我を忘れてしまいますよね・・・って、私のことですが。

本当に狂ってしまえたら・・・
覗いてみたいですよね。
優紀 | 2008.10.19 23:40 | edit
631. No title
miwmiw さま

いつもおかしくなってる、とは思うんですけどね・・・^^;
でもこのときは、音を立てて壊れてく自分を、抑えてるものが何もなくなったみたいでした。
ご主人様もきっと「やばい」と思われたのではないでしょうか(笑)


優紀さま

うわ・・・上手だなんて、ありがとうございます^^;
今回は、いろいろと記憶が飛びつつも、とても鮮明に残っていることが多くて、
覚えているうちに出来るだけ詳しく書いておきたかったんです。
そう、覗いてみたい、その淵まで、楓は行きかけていたのかもしれません^^
| 2008.10.20 09:34 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。