FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

犯される喉 (1)
------ 今日は○時くらいなら、大丈夫です

---- 風邪気味だから、キスはなしだぞ

------ はい・・・でもお口じゃないところには、いただけますよね^^;

いつもより少し早い時間に待ち合わせをして、そんなメールを交わしました。
ご主人様は、ちゃんと楓がおねだりしようとしていたことを、わかっていらしたんですね。
待ち合わせ場所の近くのコンビニで、飲み物を買っていると「着いた」とメールがありました。
急いでお店を出ると、少し後ろにご主人様のお車が見えました。
助手席に乗り込んで、いつもの穏やかな、ちょっと冷たい横顔にほっとします。

ホテルに入り、お部屋を選んでエレベータに乗りますが、「うつるぞ」と仰って
お顔を近くに寄せてもくださいません。

お部屋が少し寒かったので、風邪気味のご主人様が心配でした。
すぐにお風呂か、お布団にもぐった方がよかったのかもしれませんが
ご主人様の靴下をとらせていただくと、楓はその足を舐めずにはいられませんでした。
ひとしきり舐めまわすと、楓の頬を叩き、顔を踏んでくださって、
奴隷の立場を思い知らせてくださいます。
黒いキャミから乳首を取り出され、バーベルピアスを捻りあげられます。
そのまま大切なペニスも舐めさせてくださって、楓はそれだけでうっとりと酔ってしまいました。

---- 寒いな、ベッドに行こう

やはり寒かったのに、楓の我儘を許してくださってありがとうございます。
楓もジーンズを脱いで、ご主人様の後を追います。
お尻を上げて、犬のようにご主人様のペニスを丁寧に舐め始めます。
あらためて、ペニスをゆっくり、愛おしく舐めまわしていると、
今は楓が独占しているのだ、という幸せな気持ちがこみ上げてくるのです。

---- お前は本当にペニスが好きなんだなぁ

ご主人様と目が合ってしまうと、恥ずかしくて目をそらします。
必死になってしゃぶる姿を、ご主人様が撮っておられるのは知っていますが
目を開けることはできなくて、「こっちを向け」と叱られて、ようやくカメラを見つめます。

---- いい顔をしてるな  美味いのか

小さく笑って、目でお返事をして、楓はまたしゃぶり続けるのです。

次第に気持ちが昂ぶってくると、喉の奥へと飲み込もうとします。

---- 喉が気持ちいいのか

ご主人様が楓の頭を抑えてくださって、さらに喉の奥へと押し込んでくださいます。

---- ああ、そこだな・・・そこが気持ちいいぞ

そこは楓が経験したことのない、喉の深い場所でした。
楓は、息ができなくなっていました。
きっと苦しくて、暴れてしまったのだと思います。

ご主人様の大切なペニスを、どろどろの涎で汚してしまったまま吐き出してしまい、
楓はこれまでのものが「イラマチオ」ではなかったのだと知りました。

 あぁ、今日はご主人様に、喉を犯していただきたい・・・

楓はむせ返りながら、そんな風に考えていたのでした。
スポンサーサイト
[PR]

2007.10.27(Sat) | tryst | cm(3) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/14-6794bde8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
71. 喉の奥
確かに息は出来なくなるよね~
まあ、吐き出してしまったのは仕方ないと思うよ
ですから俺がイラマするときは普通ちょっと浅めに入れてますね。
奥に入れても相手が大丈夫そうなら深く入れていったりします。
まあ、慣れでしょうから、家でバナナとかで練習するとかどうかな(笑)
白琥珀 | 2007.10.28 09:28 | edit
72. よかったですね^^
ご主人様にお逢いできて本当によかったですね。
きっと、楓さんが連絡がない間も文句一つ言わずに耐えていたからなんでしょうね。
きっと私だったら・・・・^^;

続きを楽しみにしています♪
優紀 | 2007.10.28 23:24 | edit
73. No title
白琥珀さま

ご主人様も無理はなさらないので、いつも楓が自分でできる限界に
少し助けてくださる程度なんです。
でもそうじゃなくて、ご主人様のなさりたいようにしていただきたくて・・・
きっとその先が、本当のイラマチオなんじゃないかと思ったんです。


優紀さま

はい、本当にうれしかったです^^
ご連絡はくださらなくても、楓を見守ってくださっていると感じるので
以前ほどグルグルしなくなってきました。
それにいつもより早くお逢いできたので、贅沢にさえ思いました^^
クリピ洗濯バサミ | 2007.10.30 10:18 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。