FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

成果の確認 (5)
何の準備もしていなかった楓のアナルは、ご主人様のペニスを汚してしまったようでした。

---- 来い。 流してやる。

たぶんご主人様はそんな風に仰ったのですが、楓はすぐに起き上がれませんでした。
立て続けに犯された、二つの穴で感じたまま、震えが止まりまらなかったのです。

ご主人様のシャワーの音に、お待たせしては申し訳ないと思い、這うようについていきました。

タイルの壁につかまって、ご主人様にお尻を向けて洗っていただきます。
ご主人様が穴に指を入れて流してくださると、壁にもつかまっていられなくなり
床に手をついてしまいました。
まるでご主人様の指だけで、その穴だけで吊られ、立たされているようで、
楓は恥ずかしくて仕方がありませんでした。

その時のことがよく思い出せません。
湯船に浸かって、ご主人様の胸元や首まわりの汗を流させていただいたのは、
もっと後のことだったでしょうか。
下半身だけきれいにしていただいて、ベッドに戻ったときもあったと思いますが、
楓は何度もいきすぎて、朦朧としていて、そのあたりがごちゃごちゃになってしまっています。


ベッドに戻ると、またご主人様のペニスをしゃぶらせていただきます。
流してしまったので、いつものご主人様の味はしませんが、
舌で感じるご主人様が、次第に硬くなってくださると、楓は幸せなのです。

舐めまわし、奥まで咥え、ご主人様に手を添えていただいて、もっと奥に押し込まれると、
ご主人様が楓の喉を弄んでくださっていることがうれしくて、
苦しさと、快感で、身悶えするのです。

暴れる楓の下半身を押さえ込むようにして、ご主人様がクリピに触れてくださいました。
楓はご主人様のペニスを咥えたまま、カラダを硬くしました。

ご主人様がゆっくりクリピを弄ってくださる間、楓は小さく震え、感じていて、
ご主人様は何か仰ったのに、実はよく聞き取れなかったのですが、
たぶん新しいクリピを誉めてくださったのだと思います。

---- 久しぶりに舐めてやろう

ご主人様はそう仰って、引っ張り出されたクリに舌をつけてくださいました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2008.06.04(Wed) | tryst | cm(6) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/120-957759f9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
482. 刺激的!
とっても刺激的な内容が続きましたね~!
痛みが快感に変わる、その時の気持ち良さと言ったらたまらないですよね(*^_^*)
楓さんのご主人様は全てお見通しでクリを噛んだりされたのですね。
| 2008.06.05 02:19 | edit
483. No title
操さま

そうなんです。全部ご主人様にはお見通し・・・ま、いつものことなんですが^^;
お逢いするたびに、楓のカラダはどんどん感じるようになっていくようで、
この気持ちよさからは離れることができない、と思います。
う~ん、また思い出しちゃいます・・・(照)

クリピ紋次郎、楓 | 2008.06.05 11:15 | edit
484. No title
うわ~~ん、クリを舐めて頂けるのー(よだれ、、)と思っていたら
齧られたのね~~
でも、それが更なる快楽に。。。。
ピアスの威力すごいね^^

miwmiw | 2008.06.06 16:12 | edit
485. No title
miwmiwさま

そうなんですよ~ 楓もとっても久しぶりで、うれしくって~゚。(*^▽^*)ゞ
と思ったら、ものすごい痛みになって、さらに快感に・・・(照)
うんうん、今回のサイズアップは、ほんとに正解だったと思いますw
クリピ紋次郎、楓 | 2008.06.07 01:01 | edit
486. No title
クリが敏感すぎる自分には拷問のような責めですが・・あきらめること。力を抜くこと。この瞬間の幸せな感じ・・とってもよくわかります。痛いのは当たり前なのですよね。自分を差し出すって、こういうことかなあって、思います。
笹の葉 | 2008.06.09 00:19 | edit
487. No title
笹の葉さま

そうなんですよね、諦めずに抵抗している間も、その被虐感で感じてしまうんですが、
諦めて、力を抜いた瞬間に、それが変わる・・・今回、はっきりとそれを感じました。
そっか・・・自分を差し出せた、のでしょうか、楓も。
クリピ紋次郎、楓 | 2008.06.09 10:09 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。