FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

保険
先日、ジュディさんとお会いしてお喋りをしたとき、
ジュディさんはちょっと聞きにくそうに、こんなことをお尋ねになりました。

「楓さんって、いつも5番目って言われてるじゃないですか・・・あれって、本当?」

このことについては以前、他の方からもコメントなどでご心配いただいたことがありました。
もちろんいろいろなお立場や、お考えの方があると思いますが、
奴隷とはいえ、ご主人様に一番愛されたい、と願うのが普通だからだと思います。


楓はご主人様から、「5番目」という場所をいただいています。
それは楓がご主人様の奴隷にしていただく当初から、はっきりと宣言されており、
大切なご家族もあり、他の女性ともお遊びになるご主人様にとって、
楓はけっしてその順番を上げることのない存在だ、ということです。

ですからご主人様のなさることを、5番目にいる奴隷がとやかく言うことはもちろん、
心配したり、嫉妬したりすることは、初めから許されてはいないのです。

それでもいいなら、と、ご主人様は楓を奴隷にしてくださいました。

でも同時にご主人様は、その場所は変わることなく、楓に与えてくださるとも仰いました。
ご主人様に従い、仕える奴隷に対して、嫌いになるということはなく、
楓がお仕えする限り、ずっとその場所に置いてくださる、とも仰ってくださいました。


「う~ん、どうなんでしょうね・・・よくわからないんですけど・・・
 結局、ずるいんですよねぇ(笑)」

そんな風に笑ってお答えしましたが、ちょうどその少し前に、
ご主人様が仰ったことを思い出しました。

「でもね、それって『保険』らしいんですよね」



---- お前には、ちゃんと私が保険をかけてやってるだろう
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

2008.05.21(Wed) | slave | cm(3) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://himitsushinjitsu.blog.fc2.com/tb.php/111-62096763
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
453. こんばんは。
「5番目の保険」
ご主人様が考えてくださった、楓さんにとって最良の居場所なんですね^^

私も、ご主人様に「他にも遊ぶ」と最初から言われています。
人より倍以上も嫉妬深く、我儘で、自分だけを見てもらいたいと思っていた私には、その考え方が理解できず、何度も泣き言をいったり困らせたりもしてきました。
それでも、今も変わらずご主人様の傍にいるのは、やはりご主人様が目に見えない安心を所々で感じさせて下さっているからなのでしょうか・・・
私も楓さんのように、1日も早くご主人様の気持ちをきちんと理解できるようになりたいです。

M女さんとのおしゃべり・・・
いつか私も楓さんとお逢いしたいです^^

長い書き込み・・・すみません。

優紀 | 2008.05.21 21:55 | edit
454. No title
楓さん、こんばんは。

いや~ん。w
あのお話、書かれたのですね。^^;
本当に、図々しい質問をしてしまい、申し訳ありませんでした。

ご主人様が「保険」とおっしゃる本当の意味 (楓さんのご主人様流の愛情) を、
楓さんが、きちんと理解して受け止めておられることが、
私はとても素敵だと思います。
ほんとうに、お二人のよき関係だと。
楓さんもご存知のように、
たとえ私が一番でも、二番、三番の存在そのものが、
私には受け入れられないこと (いつでしたか、怖いジュディさんと言われましたよね。笑) でして、
ご主人様に対する、楓さんの謙虚さを、見習わなければ、と、
いつも思っているジュディです。
judie | 2008.05.21 22:21 | edit
455. No title
優紀さま

いえいえ、たくさん書いてくださってうれしいです^^
う~ん、楓もね、ちゃんとご主人様のお気持ちを理解しているのかどうか、わかりません。
最近は、以前のようにたくさんお話していただけないので、ときどきこうしてちゃんと説明していただいて
なんとなく考えていたことと結びついていったり、という感じです。
でも結局のところ、楓がご主人様のことを大好きなので、
抵抗してみたところで、どうにもならない、ということだけなんです^^;


judieさま

ふふ、ほんとはね、お会いした記事の後、すぐに書くつもりだったんですけれど。(笑)
楓の方こそ、『怖いジュディさん』なんて失礼なことを言って、ほんとに不躾なヤツですよね^^;
そんな楓を見習うだなんて、とんでもない! ちっとも謙虚じゃありませんもん。
他の方の存在については、それぞれの想いがあって当然だと思いますし、
むしろジュディさんの方が普通だと思います^^
楓は、こんなご主人様に飼っていただいてしまったので、もう諦めちゃっただけです(笑)
クリピ紋次郎、楓 | 2008.05.22 10:15 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。