FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ぽちっと効果
前回の鞭痕は、たぶん今までで一番すごかったと思う。
右のお尻から腿の裏側にかけては、ほぼ隙間ないくらい真っ青になったし、
翌日は椅子に腰掛けるときも一瞬息がとまりそうなくらい痛かった。

彼は次の日、こんなメールをくれた。
「自分でバラ鞭をぽちっとして次回持ってくる、っていうのもいいかもな」

そんなこと言われたら、楓はきっとそうしてしまう・・・知ってるでしょ?

スポンサーサイト
[PR]

2013.11.27(Wed) | next | cm(0) | tb(0) |

痛い夜と気持ちいい朝
真っ赤なクッションが巻かれた柱は、何のためにあるんだろう。

両手を縛ったままそこに引きずっていくと縄を解き、その柱に抱きつかせるようにさせる。
柱の向こう側で両手を縛りなおすつもりなんでしょ?
やだやだ、逃げられないようにして、また鞭打つつもりなんでしょ?

頭はもうぼんやりしていて、怖くて逃げたいけど逃げたくないような気もして、
なんかグズグズ言ってたかもしれないけど、やっぱりそのまま縛られて、打たれる。
ベルトだったと思うから、ものすごく痛い。
それよりも、逃げられないのは怖い。

なんで彼はこんな酷いことをするんだろう。
楓はなんでこんな彼にくっついていたいんだろう。

2013.11.24(Sun) | next | cm(0) | tb(0) |

治療には、鞭
実は数日前から、楓はどうやら悪名高き○十肩とやらに取り付かれたらしく、
左腕が痛くて上がらなくなって苦しんでいた。
そんな呟きを見た彼が、違う痛みの治療ならしてあげてもいいけど、と誘ってくれたのだ。
だけど会えばそんなことへの労わりなどない・・・というか、楓も忘れていたかもしれない。

運転中の彼の股間にもぐりこむのはけっこうキツイ体勢だったけど、もう夢中だった。
ただ大好きなものをファスナーの下から取り出して、ひたすらしゃぶって舐め上げて、
運転中の彼を気持ちよくしてあげたいの。

2013.11.20(Wed) | next | cm(0) | tb(0) |

キャンセルと、リベンジ
先日の寄り道コースのことを詳しく書こうかと思っていたのだけれど、ちょっと忙しくて書けずにいた。

その前に、と、気になっていたリンクの編集を急いだ。
だってこれらの方々もみんな、楓の大切な系譜のひとつなのだもの。
リンクしていただいていた皆さまにはあらためてお願いに伺って、と思っていたが、それもままならないので、
とりあえずページが存在しているブログ様は、更新が止まっていても、また繋げさせていただくことにした。

※ご挨拶にもお伺いしないままリンクを続けさせていただき申し訳ありません。
 もしよろしければ、引き続きよろしくお付き合いください。
 また、不都合がございましたら、お手数ですが秘密コメントからご連絡ください<(_ _)>

というわけで、その後のお話から。

2013.11.14(Thu) | next | cm(2) | tb(0) |

ウォーミングアップ
前回の出来事を書き終えたら、ブログのお引越しをしなくちゃ・・・と思っていたら、
移転の記事を書く前に、次の記事にするべきコトができた。
おかげで珍しく重い腰を上げて、まずはこちらを始動することができたのだけれど^^;
まだリンクを移したりできていなくて、他にもいろいろ不備もあるのだと思うのだけれど、
そちらは少しお時間いただいて・・・とりあえず次、書きます(笑)

実はまた1ヶ月くらいは放っておかれるのかなぁ、と半分諦めていたのだけれど、
思ったより早く、彼が時間を作ってくれたのだ。

2013.11.05(Tue) | next | cm(4) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。