FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

満足
まず、一つ訂正です。
先日書いたこと、間違っておりました・・・

どうもよくわからなくて、やはり気になるので彼に確認してみたところ、
前にオモチャ・後ろにわからないもの・お口に彼の手、というのは間違いで、
正しくは、前に5本指、後ろにオモチャ、お口にも手、だそうです・・・(-_-;)

お詫びして訂正させていただきます(泣)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2011.10.27(Thu) | next | cm(0) | tb(0) |

たっぷりと
爪先立ちの右足は、足元の水たまりに浸かっていた。
そのまままた鞭打たれたような気もするし、乳首を弄られたりしたような気もする。

そのときすでに、ほとんど背中の縄だけに支えられているようなものだと思っていたけれど、
そうでもなかったのだとわかったのは、残った右足も折り曲げられて縛られ、
完全に縄だけで吊られたときだった。
また鞭で打たれたり、指を入れられたり、写真を撮られたりしたように思うけれど、
片足ついていたときとは、やはり苦しさが数段違う。
どこが痛いのか、どこが苦しいのかもわからず、ただ自分の重みを呪うしかなかった。

2011.10.24(Mon) | next | cm(0) | tb(0) |

時間を惜しむように
駅前からまださほど離れないうちから、珍しく彼は楓の手をとって触らせてくれた。
運転しながら 「出して」 と言ってファスナーを下ろさせて、楓の頭をその股間に引き寄せる。
シートベルトをしたまま、ちょっと苦しいけどそのまましゃぶり始めてしまったら止まらない。
ときどき差し込むライトが気になるけど、舌を伸ばして、喉を開いて。

 こうするときが一番上手だな

そう言ってときどき頭を撫でてくれて、とても幸せな気持ちになる。
だけど、やっぱり途中でオアズケにされちゃうのだ。

2011.10.22(Sat) | next | cm(0) | tb(0) |

一緒に眠る夢
ずっと忙しそうだったから、会えてもいつもの駐車場、ということが続いてた。
ううん、もちろんそこでも十二分に気持ちよくしてもらってるし、不満なんてないけれど、
このところよく夢に見るのは、彼と一緒に眠っている姿ばかりだった。
それもベッドで激しく抱かれているというのではなく、彼の胸で静かに眠っている夢なのだ。
寒くなってきたせいかな、彼の「後ろから抱っこ」ばかりを思い出す。

2011.10.21(Fri) | next | cm(0) | tb(0) |

ガバガバはきらい
いつも苦しくて拒絶してしまう地点を、たぶん少しの抵抗だけで超えてしまったのだと思う。
そこを超えると突然、苦しさは異常な気持ちよさに変わってしまうのだ。
以前、後ろの穴をいじられて笑い出したときに近かったかもしれない。

 気持ちいい、気持ちいい、すごいの、もっとして・・・

2011.10.18(Tue) | next | cm(0) | tb(0) |

お出かけ前に、の続き
お出かけ前に会ってくれたあとは、お出かけ先の写真をときどき載せてくれた。
その時どきの景色や、彼の思っていることが伝わってきて温かくなる。
数日後、今日は全然連絡がないなぁ、と思っているところに深夜のメールをもらえた。

 ちょっと寄るけど、出てこれる? すぐ帰るけど。

喜び勇んで(こっそり)出かけていくと、運転席の窓を開けてガサッと袋を差し出す彼。
その前に彼が載せてくれていた写真を見て、楓が食べたがっていたからね、
もしかして?ってちょっと思っていたのだけれど、それはまさに立派な栗♪
うふふ、ニヤニヤがんばって皮むきをして、ほくほく美味しい栗ごはんになりました(*^。^*)

で、そのお出かけ前の続きですが。

2011.10.17(Mon) | next | cm(0) | tb(0) |

お出かけ前に
帰りの寄り道コースのときは、疲れた足のマッサージをさせてもらうのが常だから
今回もきっとそうだと思って、はりきって出かけていった。
だけど、そうじゃなかった。
きっと早朝からの遠征お仕事で、そのお出かけ前に寄ってくれたんだね。
貴重な眠る時間を削らせちゃった。
ごめんね、そしてありがとw

2011.10.13(Thu) | next | cm(0) | tb(0) |

甘えすぎ
ニコニコして助手席に乗り込んだんだけれど、目を瞑った彼はちょっと冷たい顔をしてた。
きっと疲れてたんだよね、乱暴に足を投げ出してくる。
ごめんね~と、足の裏をマッサージし始めるけど、なんだか甘えさせてくれる感じじゃない。

 あんなメール送ってきたら、心配すると思わないのか。
 心配性なのは自分だけだと思ってるんだろう。

そう言って、たくさんお仕置きを与えてくれた。
もちろんそれが望みだと、ちゃんとわかってくれているから。

2011.10.04(Tue) | next | cm(0) | tb(0) |

ワガママ
実は、前々日にも会いに来てくれたの。
だけど珍しく、いつも人影のない駐車場には先客が3台もいて、
やっぱりちょっと遠慮して、半分は疲れた彼の足をマッサージして過ごしたから、
(もちろんそれはそれで幸せな気持ちになれたのだけれど・・・あ、言い訳じゃなくてねw)
ちょっと物足りなくて、もっと欲しくなっちゃっただけだったんだ。

ただの我が儘なんだもの・・・来てくれるなんて、思わなかった。

2011.10.02(Sun) | next | cm(0) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。