FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

食後はだめ
入れてもらうのが好き・・・前にも後ろにも、そしてお口にも。
できるだけ、奥まで入れてもらえたら幸せ。

だけど、やっぱり食後のお口にはダメ(笑)

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2011.07.30(Sat) | next | cm(0) | tb(0) |

濡れた縄
残った縄で打たれたのは、床でだったろうか、それともベッドにあげられてからかも。
どうしたんだろう、そんなことすらも記憶が曖昧だ。

今も椅子に座るたび痛みが残るほど、お尻から腰を激しく打たれている。
今回の痣は見事だ。
そしてそのあとに触れる手が、大きくて優しいことは覚えてる。

2011.07.24(Sun) | next | cm(1) | tb(0) |

初めての○縄
この前のお部屋を選ぶつもりだったのに、空いてなかった。
とっても残念がっていたから、ほんとに吊るしてくれるつもりだったのよね。

さぁ、ごはんごはん!

一緒にお買い物してきたお惣菜をのんびり食べると、

さぁ、お風呂お風呂!

がっかりしてやる気なくしちゃったのかなーと思ったら、やっぱりそうじゃなかった(笑)

2011.07.21(Thu) | next | cm(3) | tb(0) |

背中
買ってきたパンとお惣菜をテーブルに並べていく。
もう夕方だけど、休日のお昼みたいな食事タイム。
流れてたエッチなビデオを見ながら、パンをちぎり、ローストビーフを口に運ぶ。
西洋ワサビのソースが美味しいね、なんて言いながら、
あちこち痛みは残っているのに、なんだかとてもフツウの時間。

お茶デートで待ち合わせた時も、待ってる間に食べてたパンの食べかけを、
美味いぞ、と楓のお口に押し込んだりする。
すぐに人の目が気になる楓は、ただそれだけのことにも照れてしまうから、
もぐもぐしながら後ろに隠れてエスカレータに向かったんだけど。

でも彼のそばに居ると、いろいろなことが自然だ、とても。

2011.07.19(Tue) | next | cm(0) | tb(0) |

お風呂でお遊び
いつも時間に追われているから、楓はゆっくり過ごすことに慣れていない。
元来バタバタした性分でもあるし、そういう生活をしていないから仕方ないのだけれど、
もちろんそれが良いと思っているわけでもなく、のんびりしたいといつも願っている。
今回もそれほど時間があったわけじゃないのだけれど、少しゆっくりした気分になれた。
これも彼の持つ空気のせいなのだろうと思う。

2011.07.14(Thu) | next | cm(0) | tb(0) |

中で感じる
彼にはたくさん遊んでもらっていると思うけれど、入れてもらったことはそれほど多くない(笑)
でも少しずつ、感じ方が変わってきたような気がする。
うん、それはお相手によって、経験によって、誰でもそうなのかもしれないけど。

2011.07.11(Mon) | next | cm(0) | tb(0) |

足首の痕 
やはりそれはカラダの重みを示しているのかしら・・・(-.-)

サイズもぴったりのうれしいいただきもの、
カラダの奥に刻み込まれたゾクゾクする感覚、
広い背中をゆっくりマッサージする幸せな気分。
心技体ならぬ心物体、3拍子揃って大満足の暑い午後。

2011.07.08(Fri) | next | cm(4) | tb(0) |

ブログ5周年となりました
たまに思うことがあります。
なぜ楓はここを続けているのだろう。

奴隷でなくなったら、楓は楓でなくなってしまうと思っていました。
そんな日は想像したくなかったけれど、いつか消えてしまうものだと思っていました。
ただ、ここを閉じるつもりはありませんでした。
消してしまうのは、なかったことにしてしまうのは、なんだか違うと思うからです。
その考えは初めから変わっていません。

5周年を違ったカタチで迎えることになるとは思っていませんでした。
このまま続けていくのがいいことなのか、少し迷いもあります。
でも、ここで繋がることができた皆さまのことが大切であり、
楓として居続けることを許していただけるなら、そうしていたいのです。

そう、なにより楓はこういう場所が好きなのでしょう。
今、誰のために書いているのでもなく、自分のために書いています。
もちろん立ち寄ってくださる方があればうれしくて、面白がってくだされば張り切るのですが、
とても自由な気持ちで書くことができています。

やっぱりこのまま、きままに続けていこうと思います。
6年目の日記は、さらに自由に、をテーマにしよう(笑)
これからもどうぞよろしくお付き合いのほど、お願いいたします。


2011.07.05   秋野 楓

2011.07.05(Tue) | next | cm(4) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。