FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

今夜もちょっとだけ・・・
ほんとに時間じゃないんだなぁ、と思う(笑)
今夜もちょっとだけ、寄り道をした。


珍しく、たくさんキスをもらえた。

もらえた、というのはちょっと違うかな、
離れられなくて、何度も吸いついて、舌を絡ませた。

そのあとだから、上手にできたのかもしれないね。

「でちゃうよ」

ちゃんとお口だけでもらえたのって・・・初めてかもしれない。

うふふ、なんだかとっても幸せw

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2011.02.25(Fri) | next | cm(10) | tb(0) |

ちょっと上達?
諸事情で、しばらく会えないと思ってた。

それなのに、思いがけず「数分寄り道してく?」とメールをくれた。

「ほんとに?w」
「ほんと。」

いつものところに車を止めて待っていてくれた。

美味しそうなお土産をもらって
ぺろぺろ
うぐうぐして
いたたたた・・・いっちゃうよ

ちゅうして 「さ、帰るよ」

ほんの少しの時間なのに、こんなにも満たされる。

「今日は少し上手にできたな」

うん、ちょっと違ったよね。ふふ。

やっと少しわかってきたかも。

2011.02.20(Sun) | next | cm(2) | tb(0) |

痛いからじゃない
「あれからずっと、ただ欲しいだけ・・・」

そんなことを書いたら、こんなお返事がもらえた(笑)

「前と後ろだけでじっくりの日を作らねば。」


だから今度は、ゆっくり抱いてもらうだけのつもりになっていた(勝手にね)

でも前日の話の流れで、なぜだかお仕置きをいただくことになっていて、
気づけばやはり縛られて、苦しいこと、痛いこと三昧・・・

いえ、いつだって楓の思っていた通りになどなるわけはないのだけれど。

2011.02.12(Sat) | next | cm(0) | tb(0) |

残りのひとつ
実はずいぶん前に一度だけ、ご主人さまからメッセが入っていた。

楓がこうして書き綴っていることを、こころよく思ってはおられないだろうと思っていたし、
一度はきちんとお話がしたかったから、うれしかった。
しかし、急いでお返事をしたけれども、ほんの少し気付くのが遅くてお話はできず、
結局そのあとも声をかけていただくことはないままだ。

ご主人様がどういうお気持ちで呼びかけてくださったのか、
あるいはちょっとした間違いだったのか、わからないけれども、
楓とはこれでもうお話をするお気持ちがないのだろう、と感じていた。


だから、ということでもないのだけれど、
残りのひとつもそろそろ外すべきだろうな、と思っていた。
ただなんとなく、そのきっかけが見つからなかった。

昨夜、なんだかその時がきた気がして、帰ってからお礼と相談のメールを送った。
「外して欲しい」と書いたけれど、彼のお返事は思った通り(笑)

「そろそろいいかな、と思ってた。でも外すのは自分ですればいいよ。」

そうだね、楓が決めることだもの。

すぐにバーベルのボールに手をかけた。
いつもしっかり留めていたせいか、少し抵抗にあったけれど、
勢いでボールはコロリと落ちて、ベーベルは静かに抜けた。


2011.02.08(Tue) | next | cm(0) | tb(0) |

そのあとのこと
あんなことを口走ったから、きっと次は後ろも使ってもらえるだろうと思ってた。

ベッドに横たえられてからのことは、もうわからない。
時間に余裕がなかったせいかもしれないが、本当に息をつく間もないほどに。
覚えているのは、前も後ろもわからないほどに感じ続けて、
自分でもおかしいくらい脚が震えていたこと。
そしてどこに残っていたのかまた大量の熱い水が噴き出して、
ベッドをひどく濡らしてしまったこと。
(気づいたときにはバスタオルでオムツのようにくるまれていた^^;)

お口はあまり使わなかった気がする。
「なんだ、忘れちゃったのか」と、止めさせられたように思う。
狭い空間でたくさん練習してきたはずなのに、上手にできなかったのは、
たぶんその感覚のほとんどが、他の身勝手な場所に集中してしまっていたから。
どうしたら気持ちよくなってもらえるのか、どうしたら深く飲み込めるのか、
そんなこと思い出す余裕はなくなっていたから。
その証拠に、ほんの少し眠らせてもらった後は、ちょっとほめてもらえたものね。


相手を思い遣ること・・・当たり前のことなのかもしれないけれど、
改めてそんなことを教えてもらっているような気がする。
楓は、「思う」ばかりだったのかもしれない。

2011.02.04(Fri) | next | cm(0) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。