FC2ブログ
プロフィール

秋野 楓

Author:秋野 楓
奴隷としての日々を綴り始めたブログでしたが、今はもっと素直な想いを書いています。
かなり熟しておりますが、意外に純です。
よろしくお付き合いください。

TwitterのIDはこちらです。 @akinokaede

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ほんとのことを書こう
ずるい考えかもしれないけれど、楓はまだ答えを出したくないと思っている。
知らずに居られるなら、ご主人様の気持ちもお聞きしたりはせずに、
曖昧なまま、待ちぼうけの奴隷でいられればいいと思っている。
このままでいいなら、何も変えることなく、この場所に留まりたいと思っていた。

だけど・・・うん、今日はほんとのことを書こう。

だってここは、楓の「秘密」と「真実」の置き場なんだもの。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

2010.12.08(Wed) | slave | cm(7) | tb(0) |

紛失
昨夜、クロスになっているピアスの、縦のバーベルを失くした。

バーベルは、その両端にねじになったボールがついていて、
これまでにも何度も片方のボールが外れて、失くしたことがある。

実はつい数日前にも、お風呂で縦のバーベルがないことに気づいて、
慌てて探して、タイルの上で発見、ということがあったばかりだったのだ。
その日も片方のボールだけは見つからず、予備に買っておいたボールをつけて
事なきを得たのだけれどそのとき、なんとなく考えたのだ。

次に失くしたら、予備のボールは買わずにいようかな・・・
(予備はラスト1だったのだ)

ご主人様も飽きたと仰っていたことだし、
楓としては、クロスになっているのが、とても気に入ってはいたのだけれど、
中途半端に片方ついているから、変な拘りをもってしまうのかもしれない。
すでに「証」としての意味は小さくなっているし、
ただの「道具」として、あるいは「アクセサリ」として考えるなら、
特に必要ではないような気もする。
それならいっそ、フツウのバーベルに戻してもいいかも・・・漠然と、そう考えていた。

昨夜は、お風呂から上がって、縦がなくなっていることに気づいて、
慌てて探しに戻ったけれども、床にも、湯船の中にも、見当たらなかった。
ボールだけじゃなく、バーベルごと全部・・・きっと流しちゃったんだ。

ちょっとだけ呆然として、鏡の前で横一文字だけになったピアスを眺めた。

これは神様が、そうしなさい、と言っているのかもしれないね。
自然の流れに逆らってはいけないな、と思った。

うん、これでいいのかな・・・ちょっとスッキリした。


ご主人様には、報告をしていない。
もしもココを読んでくださることがあれば、それだけでいいと思ってる。

ご主人様はお叱りになるだろうか・・・ううん、何も仰らないな、きっと(笑)

2010.12.02(Thu) | slave | cm(4) | tb(0) |

答え
きっと、答えは求めるな、ということなのだと思う。

求めるならばそれまでのことなのかも。

それならば

楓は求めずにいよう。




ちょっと深呼吸してこよう。

2010.11.23(Tue) | slave | cm(4) | tb(0) |

ご主人様と、オフ(4)
またずいぶん間があいちゃった。
書こうか書くまいか、ちょっと迷っていたこともあったので。

その間に、ブログ等でお世話になっている「裏葉月」さんの9周年記念飲み会
参加させていただく機会があったりして、またいろいろ考えることができた。
自分の中だけで考えるのはやっぱりダメ・・・特に楓のようなぐるぐる持ちは^^;
影響を受ける、とかじゃないのだけど、素敵な皆様のいろいろなお話を伺えてよかった。
「自分」を持っている方々の姿を見て思った。やっぱり自分に正直でいたい。

葉月さん、ご参加の皆様、本当にありがとうございました。
楽しくて不思議な時間を今年も共有させていただいたこと、感謝しています。
来年は10周年ということですし、また是非!と思いますが・・・がんばれるかしら、楓^^;


楓オフのこと、もう少しだけ。

2010.11.14(Sun) | slave | cm(8) | tb(0) |

ご主人様と、オフ(3)
掘り炬燵タイプの席だったから、自然とご主人様に寄り添っていられて幸せだった。
半分胡坐をかくようにして足先をこちらに向けられるときがあって、
思わずその懐かしい指先に触れたくなって、手を伸ばした。

許されるなら、その靴下をとってしゃぶりたい・・・
笑顔だけは会話の方に向けていたけれど、楓の左手はご主人様の足指をまさぐっていた。
いつものように、舌で舐めまわしているつもりになっていた。

2010.10.28(Thu) | slave | cm(3) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。